薬を使わずに頭痛を改善する方法とは!?

 

こんにちは!

アスレティックトレーナーやパーソナルトレーナーを目指している学生・若手トレーナーの勉強ツールとして 情報配信をしておりますmotoです。

 

 

長年【頭痛】で悩み続けている方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか?

 

・朝起きた時に頭痛がある

・デスクワークで眼精疲労から頭痛が来る

・季節の変わり目での気圧変化で起こる頭痛

などなど、原因は沢山あります。

そこで今回は薬に頼らず出来る頭痛改善方法をお伝えします!!

 

頭痛が起きる原因

側頭筋という頭の横についている筋肉が固まる事で起きやすくなります!
奥歯をグッと噛みしめると耳の少し上がプクッと膨らむ所があると思います。そこが側頭筋です。

今のでわかると思いますが、
歯を食いしばる・力む・力を入れると側頭筋が収縮します。

筋肉は緊張すると、その筋を栄養する血管を圧迫します。
そして血管が圧迫されると酸素が届かなくなります。

つまり、酸欠状態になるということです。

酸素不足になると、警告信号として痛みを出します!

これが頭痛のメカニズムです。

なぜ側頭筋が緊張してしまうのか?

頭痛がある人の多くにある共通点として【顎関節】に詰まりがあります。

どういうことかというと、歯を食いしばるクセがあるということです。

どうして歯を食いしばってしまうのかというと、ストレスが主な原因なのですが、頭痛が長引く人のほとんどは、自分が食いしばっていることに気づいていません。

特に、寝ている時や何かに集中している時に食いしばっていることが多いです。

そして歯を食いしばることで側頭筋が収縮するので頭痛が起きてしまいやすくなります。

顎・側頭筋の緊張緩和が改善のコツ!

緊張した顎・側頭筋を緩める方法としては

①顎関節をマッサージする

顎に力が入ると図の【関節結節】が緊張します。ちょうど耳たぶ近辺です。

そこから下顎骨に沿って触っていくと痛いと感じる方が多いと思います!

強く押したりすると炎症が起きてしまう可能性もあるので、優しく人差し指・中指でさするようにマッサージを行いましょう。

②耳を引っ張る

側頭筋は耳・顎近辺に付着している筋肉です。

耳を根本から引っ張ることでストレッチがかかり、緊張が取れやすくなります!
※優しく無理のない強さで引っ張ってください。呼吸は止めないように。

 

暖かい日・寒い日どちらもあるこの時期で頭痛に悩んでいる方は沢山いると思うので

是非参考にしてみてください(^^)

 

LINE友だちになろう!

 

毎週月曜配信!

LINEで勉強したい方はお友だちになってくださいね♪

・ノウハウ

・オススメ情報

・抜き打ちテスト

などを毎週月曜日にお送りします!

登録はこちら!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です