毎月トレーナー勉強会開催中!詳細はこちら

正しい骨格の作りをすることによって体にはどんな影響があるか?

皆さんこんにちは!

パーソナルトレーナーの田草川です。

正しい骨格作りをすると体にどんな影響があるかわかりますか?

  • 疲れない体になる
  • 不調を改善できる
  • 代謝が良くなる

などのメリットがあります。

現在指導をしているお客様に正しくない骨格で運動をしていたら
怪我の原因や疲れにくくなってしまいます。

なので今回は正しい骨格についてお伝えしていきます。

正しい骨格とは?

皆さんは正しい骨格とはどんな骨格を想像するでしょうか。

猫背じゃない人、反り腰じゃない人などの人を思い浮かべませんか?

確かに見た目が綺麗な感じがしますよね。

けど、こんなところを思い浮かべたことはありますか?

☑呼吸の乱れ
☑自律神経の乱れ
☑骨盤の歪み

が原因で骨格不良が起きてしまいます。

正しい骨格とは根本的な部分がしっかりとしている人が正しい骨格です。

次に乱れる原因についてお伝えします。

骨格が乱れる原因は○○にある!!

骨格が乱れる原因は、上記でお伝えした3つにあります。

呼吸の乱れ、自律神経の乱れ、骨盤の乱れで
この3つは人にとってとても大事な所であります。

では3つが乱れると体にどんな影響があるか?

呼吸の乱れ

呼吸の乱れは、日常の生活で乱れてしまいます。

  • ストレス
  • 緊張・不安

などから呼吸は乱れてしまいます。

呼吸が乱れることによって、自律神経も乱れ不眠症になりやすい。

ストレスを溜めやすい体になり体調を崩しやすくなります。

自律神経の乱れ

自律神経が乱れる原因として、2つのストレスからあります。

「肉体的ストレス」「精神的ストレス」から乱れます・

〇肉体的ストレス

  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • 仕事多忙
  • 寒さ、暑さ
  • 長時間通勤
  • 不規則な生活

〇精神的ストレス

  • 業績不振
  • いじめ
  • 失恋
  • 職場・ママ友の人間関係
  • プレッシャー
  • 将来の不安

などから自律神経が乱れてしまいます。

骨盤の歪み

骨盤の歪みは、日常生活の癖や習慣で歪んでしまいます。

  • バックを同じ肩・同じ腕で持つ
  • ヒールを常に履く
  • デスクワークで長時間同じ姿勢でいる
  • 長時間携帯を使う
  • 脚を組む

などで骨盤は歪んでしまいます。

骨盤は体の中で「中心」の部分なので、

中心部分が歪むと他の部分も不調が起きてしまいます。

正しい骨格作りには根本的な部分から治そう!

正しい骨格作りは、根本的な部分(呼吸、自律神経、骨盤)の部分から治していきましょう。

呼吸は深くさせよう!

呼吸は、ストレス・緊張や不安などで乱れてしまいます。

  1. 呼吸が浅くなっている人は「深く吐いたり吸ったり」できるようにします。
  2. 胸式呼吸→腹式呼吸にできるようにします。

まずはこの2つからできるようにしましょう。

深く呼吸ができることで自律神経が安定する

深く呼吸をすることにより自律神経が安定し、

「体がリラックス」できるモードになります。

仕事や日中活動しているときは体が「活動モード」になっています。

「活動モード」から「リラックスモード」に変えることができるのが

深い呼吸をして正しい自律神経にしてあげることができます。

正しい骨格作りには骨盤の歪みをなくそう!

骨盤の歪みをなくすには、普段の私生活を意識しましょう

・座るとき、片方のお尻に体重が乗っていないか?
→背中にクッションを置いて左右のお尻に体重を乗せましょう。

・長時間同じ姿勢をしていないか?
→ちょっとした休憩に背中を伸ばしたり簡単なストレッチをしましょう。

まずは日々の私生活から意識して骨格を治していきましょう。

まとめ

  • 正しい骨格とは、体の根本的な部分がしっかりしている人
  • 根本的な部分とは、呼吸、自律神経、骨盤です。

呼吸、自律神経、骨盤が乱れることにより、

骨格不良はもちろんですが疲れや姿勢不良、肩こりの原因にもなります。

正しい骨格にするには姿勢などを改善するのではなく、

根本的な呼吸、自律神経、骨盤を改善することを進めます!

オススメ情報

  • 毎月2回「トレーナー差別化勉強会」開催中!

画像をクリックで勉強会スケジュールをチェックできます!

 

プレゼント企画!

 

◆『姿勢評価シート』プレゼント中!

今日から即実践できる30箇所以上の姿勢評価するポイントを記した

『姿勢評価シート』無料プレゼント中!!!

 

LINE登録して無料プレゼントを受け取ろう!!

⇒ LINE友達になる

ID検索は「sjg4507g

 

 

 

◆パーソナルトレーナーの勉強ができる!会員制勉強サロンはこちら↓

「トレーナー差別化サロン」の詳細はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です