パーソナルトレーナーのお悩み解決に役立つ勉強ブログ!

糖尿病を予防する食材とは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
もと
神奈川・東京中心にパーソナルトレーナーとして活躍中。 人に教えるのが好きなんです。立派なイクメンになれるよう努力中。 旅行と食べることが大好きです♪一緒に美味しい食事をしながら夢を語り合いましょう!

今回の記事では、

糖尿病を予防する食材についてお伝えしていきます。

糖尿病は、「食生活」の乱れによって起きてしまいます。

食生活の乱れとは、甘いもの、ジャンクフードといった

高カロリーなものしか食べないと糖尿病の原因になってしまいます。

糖尿病を予防するためには食生活を改善しなければいけません。

なので今回は、糖尿病を予防するために必要な食材を詳しく説明していきます。

まず初めは「糖尿病とはなにか?」説明していきます。

糖尿病はどんな病気?

糖尿病は膵臓から分泌されるホルモンのインスリンの

働きの異常に起こる症状です。

その異常が、

  • インスリン分泌量が少ない(必要なインスリン量に対して少ない)
  • インスリン抵抗性が強い(インスリン効果が発揮しずらい体質)

なのでインスリンの働きが乱れれば糖尿病の原因になってしまいます。

次にインスリン乱れるとどんな問題が起きるか解説します。

インスリンが乱れるとどんな問題が起きるか?

インスリンが乱れると、「分泌量が少なくなる」「効きめがなくなる」ことで

血液中の血糖がうまく送り込めず、大事なエネルギーが

尿として体外に排出されてしまいます。

なので糖が尿として排出されてしまうので「糖尿病」と呼ばれています。

糖尿病を予防するにはインスリンの働きが大事になってきます。

糖尿病は2種類に分かれる

糖尿病は、「1型糖尿病」「2型糖尿病」の2種類があります。

2種類を詳しく説明していきます。

1型糖尿病

1型糖尿病は、膵臓からインスリンを出す細胞(β細胞)が壊されてしまう病気です。

1型糖尿病の症状のとは、「喉が渇きやすい」「おしっこが多い」「体重が減少する」

などの症状が現れると1型糖尿病の可能性があります。

1型糖尿病は、約5%の低い発症率ですが、若い年代に多いのが特徴です。

2型糖尿病

2型糖尿病は、血液中の血糖が正常値より多く分泌されてしまう病気です。

その原因とは、「高カロリー食」「高脂肪食」「運動不足」の原因になります。

毎日このような生活をしていて放置をしてしまうと、

徐々に全身の血管や神経が障害を起こし、合併症を引き起こす可能性があります。

2型糖尿病は1型糖尿病と違い生活習慣を改善できれば治る病気です。

糖尿病になるNG食材とは?

糖尿病になるNG食品とは何だと思いますか?

糖尿病になるNG食材を3つ紹介します。

ジャンクフード

ジャンクフードは、「高カロリー、高塩分、多量の砂糖」を含んだ食材です。

ジャンクフードの特徴としては、

  • 身体にとっての栄養素(ビタミン、ミネラルなど)がない
  • 気軽に食べられるが、かなりの高カロリー
  • 脂質や糖質を多く含んでいる

高カロリーであり、脂質や糖質を摂りすぎてしまうので注意が必要です。

甘いもの

「甘いものを食べると糖尿病になりやすい」と聞いたことがあると思いますが、

甘いものには、砂糖だけではなく生クリーム、小麦粉といった高カロリーの

ものがたくさん含まれているので糖尿病になる原因となっています。

アルコール

糖尿病の方は、基本的に禁酒を進められることが多いです。

アルコールには、高脂質、高血糖、高塩分が含まれているので、

飲みすぎには要注意しなければいけません。

アルコールには、

  • 食欲を増進させる作用があり、食事管理が崩れやすくなる。
  • 過剰なアルコール摂取は肥満へと繋げる。
  • 大量アルコール摂取は、血糖値のコントロールを作用し肝臓の機能障害を起こしやすい。
  • 低血糖になりやすい

大量に摂取をしてしまうと身体には悪影響です。

大量のアルコール摂取には気を付けましょう!

次に糖尿病を予防する食材についてお伝えします。

糖尿病を予防する食材とは?

糖尿病を予防するには急激に上がっている血糖値を下げなければいけません。

下げる役割のある食材を紹介します。

きのこ

きのこには、食物繊維が豊富に含まれており、

インスリンの働きを助ける【クロム・カリウム・ミネラル】が多く含まれています。

玉ねぎ

玉ねぎには、「硫化アリル」「ケルセチン」「グルタチオン」という

成分が含まれているのでインスリンの活性化につながります。

バナナ

バナナは、糖が多いと思う人もいるかもしれませんが、

バナナには、「カリウム」という成分が含まれているので、

糖尿病にはよいとされています。

緑茶

緑茶には、「カテキン」という抗酸化作用によって血管を丈夫にし、

血糖値を下げる役割があります。

まとめ

糖尿病とは、インスリンの働きが異常に起こることです。

糖尿病には2種類の病態があり、

  • 1型糖尿病
  • 2型糖尿病

一般的には、食事の乱れによる2型糖尿病が多いです。

糖尿病は、食生活の乱れから起こる症状です。

食生活を改善できれば糖尿病を予防できます。

学べるおすすめ記事

 

プレゼント企画!

 

◆『姿勢評価シート』プレゼント中!

今日から即実践できる30箇所以上の姿勢評価するポイントを記した

『姿勢評価シート』無料プレゼント中!!!

 

LINE登録して無料プレゼントを受け取ろう!!

⇒ LINE友達になる

ID検索は「sjg4507g

 

◆無料勉強動画公開中!!!

無料勉強動画を見る!

◆次回のトレーナー勉強会情報を掲載中!

最新の勉強会情報を確認する!

◆パーソナルトレーナーの勉強ができる!会員制勉強サロンはこちら↓

「トレーナー差別化サロン」の詳細はこちら

 

この記事を書いている人 - WRITER -
もと
神奈川・東京中心にパーソナルトレーナーとして活躍中。 人に教えるのが好きなんです。立派なイクメンになれるよう努力中。 旅行と食べることが大好きです♪一緒に美味しい食事をしながら夢を語り合いましょう!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です