風邪を治すための食事とは?

皆さんこんにちは!

風邪を治すための食事とは?についてお伝えしていきます。

1月2月は風邪が多い時期になりますよね。

年が明けた時に風邪を引くって辛くないですか?

そんなときに即実践ができる食事についてお伝えしていきます。

なんで風邪を引くの?

風邪の90%は、ウイルス感染が原因で、他に

アレルギーや寒さ、細菌感染によって風邪が起こります。

またもう1つ風邪を引き起こす原因があります。

それは「抵抗力」です。

栄養状態や過労、睡眠不足、ストレスなどによって抵抗力は落ちていきます。

なので常に栄養や体のケアは行っていかなければいけません。

風邪には3つのパターンがある!

風邪引くときは3つのパターンがあります。

  1. 引き始め
  2. 発熱
  3. 回復

の3つのパターンがあり、1つ1つ詳しく説明していきます。

引き始め

風邪に引き始めは、免疫力が低下しています。

免疫力をUPさせる食事をすると風邪が治りやすくなります。

発熱時

発熱時のときは、原因になった菌と戦うためのエネルギーが必要となります。

しかし風邪を引いて食欲がわかなく食べれないですよね。

なので胃にやさしいものを摂取することをおススメします。

回復時

熱が下がって食欲も回復してきたら、消化の良いものを食べましょう。

熱を出してエネルギーが摂れなかった分しっかりとエネルギーを摂りましょう。

また消化に良いものを食べるのをおススメします。

次にこの3つのパターンで摂るべき食事を紹介します。

風邪を引いたときの食事とは?

上記の3つのパターンのときの食事を紹介します。

引き始めの食事

免疫力が低下しているので、回復に向かえるような食事をします。

それは、「ビタミン」です。

ビタミンには、粘膜を丈夫にする役割があります。

ビタミンAが不足していると風邪を引きやすくなるので、

【レバー、チーズ、人参、ほうれん草】などを摂りましょう。

発熱時の食事

発熱時は、大量の汗をかいて食欲があまり湧かないので、

【水分補給、お粥】など軽い食事を摂るようにしましょう。

全くエネルギーがないのは体に良くないので食べれる範囲で食べましょう。

回復時の食事

発熱をしてエネルギーが思うように摂れなかったので、

消化の良い【タンパク質、ビタミン、ミネラル】を含む食事をしましょう。

たんぱく質も脂質の多い食事は控えましょう。

風邪の時は栄養が不足しがちなので栄養をしっかり摂っていきましょう。

今からできる風邪対策!

1月2月は風邪がとても流行る時期です。

風邪にならないためにも食事で風邪の対策をしましょう!

風邪を引かないたの食事は【ビタミン】を摂ることです。

ビタミンには、細菌やウイルスを侵入させなくする働きがあります。

ビタミンを多く含む食事は、

  • 豚肉
  • ブロッコリー
  • みかん
  • レモン

に多く含まれています。

ビタミンが摂れていない方は今からビタミンを摂って
風邪対策をしましょう!

まとめ

風邪を引く原因は、「抵抗力」がなくなるからです。

風邪は3つのパターンがあり、

  1. 引き始め
  2. 発熱時
  3. 回復時

があり、特に食欲がなくなる分エネルギー不足になりやすい。

風邪を引かない為にはビタミンを摂ることが大切になってきます。

寒い時期は風邪を引きやすくなってしまうのでビタミンを摂って風邪菌を退治しましょう!

 

オススメ情報

  • 毎月2回「トレーナー差別化勉強会」開催中!

画像をクリックで勉強会スケジュールをチェックできます!

 

プレゼント企画!

 

◆『姿勢評価シート』プレゼント中!

今日から即実践できる30箇所以上の姿勢評価するポイントを記した

『姿勢評価シート』無料プレゼント中!!!

 

LINE登録して無料プレゼントを受け取ろう!!

⇒ LINE友達になる

ID検索は「sjg4507g

 

 

 

◆パーソナルトレーナーの勉強ができる!会員制勉強サロンはこちら↓

「トレーナー差別化サロン」の詳細はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です