毎月トレーナー勉強会開催中!詳細はこちら

中殿筋と内転筋の弱化により足が太く見えやすい?

こんにちは! アスレティックトレーナーやパーソナルトレーナーを目指している学生・若手トレーナーの勉強ツールとして 情報配信をしておりますmotoです。

女性の方、足が太く見えてしまいなかなかお気に入りのジーパンが履けなかったりしませんか?

どのようなトレーニングをしているでしょうか。

まずは骨格から変えなければ足は細くなりません。

今回お伝えするのは膝の向きを正常に戻すアプローチ方法をお伝えします。

中殿筋とは?

中殿筋はお尻横の深部についている筋肉です。

歩く動作、直立際の骨盤の支えなど、また片足を支える際の役割をしている筋肉です。

足を横に開く動作で中殿筋のトレーニングとなります。

内転筋とは?

内転筋とは、太ももの内側についている筋肉です。

日常生活動作ではあまり使わないですが、水泳の平泳ぎをする動作で使う筋肉です。

大腿部は〇〇形

皆さんの足にある大腿部(太もも)は上から見ると、どおゆう形に見えると思いますか?

四角形?丸い形?とかあると思います。

大腿部は上から見ると大円形に見えます!!!

x脚、o脚の足は太く見えやすい

x脚、o脚の人は膝の位置が真っすぐではない。

x脚→膝が内側に向いている

o脚→膝が外側に向いている

通常膝の位置が真っすぐに向いていることで正面から見えるが、大円形の内側と外側に向くことによって一番太い部分が見えてしまっている

x脚、o脚は、内転筋と中殿筋が関与している

x脚の場合だと、、内転筋の引っ張りが強すぎて逆に中殿筋が弱すぎてしまう!

o脚の場合だと、、中殿筋の引っ張りが強すぎて逆に内転筋が弱すぎてしまう!

50:50割合で2つの筋肉が引っ張れ合えないとx脚、o脚になってしまい足が太く見えてしまう可能性が高いです。

なのでしっかりと両方の筋肉を鍛えることとストレッチをすることが大切です!!

まとめ

大腿部は上から見ると大円形に見える!!

内転筋と中殿筋強さが50:50ではないとx脚,o脚になってしまい、、、

膝が内側に向いたり、外側に向いたりし、足が太く見えてしまう!!

なので2つの筋肉をまんベンなく鍛えて、ストレッチもしっかりと行ってください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です