毎月トレーナー勉強会開催中!詳細はこちら

上腕三頭筋の肥大・引き締めには下準備が必要!

こんにちは!

アスレティックトレーナーやパーソナルトレーナーを目指している学生・若手トレーナーの勉強ツールとして 情報配信をしております佐藤颯です。

 

 

ぷるぷる・たぷたぷに脂肪が蓄積してしまった上腕三頭筋・にのうでを引き締めたい!

と言う、目的がある女性クライアントは多いのではないでしょうか?

 

今の時期は長袖・厚着をしますから、肌の露出は少ないのでバレませんが

今から脂肪を落とす・引き締めておかないと春先の薄着が着づらくなってしまいますよね(>_<)

 

今回は上腕三頭筋の引き締め方法をお伝えしようと思います!

 

なぜ上腕三頭筋に脂肪はつきやすいのか?

これは物凄いシンプルで

脂肪は使っていない部分につく。という習性があります。

 

上腕三頭筋で悩んでいる方は普段使えていないと言う事ですね。

トレーニングを頑張ってるのに中々肥大しない方も、しっかり刺激が入っていないと言う事です。

 

先ずは【ほぐす】

やるべき事は、まずほぐす事!

使えていないと言うは脂肪が溜まっている&固まっている状態です。

 

まずはマッサージでも揉みほぐしでもなんでもいいです!

とにかく筋肉をほぐしましょう。

これだけでも実際に引き締まる人はいます!

 

シンプルですよね(笑)

 

2つのポイント!

ほぐすにあたってつのポイントがあります!

・肩に近い起始部と肘に使い停止部をほぐす
・骨から引き離すようにほぐす

 

この2つ意識してほぐすと良いですよ!

 

筋肉には起始部・停止部の骨に付着している末端の部分がありますよね。

そこを中心のほぐすと筋肉はより弛緩しやすいです!

筋肉に刺激が入らない原因の1つとして、骨にべったりと筋肉がくっついてしまっている状態にある事が多いです!

よくあるあるでストレッチポールでコロコロして筋肉をほぐしたりすると思いますが、
あれは筋肉をほぐすと言うより、伸ばしているだけなので【上腕三頭筋】にはおススメしません(>_<)
他にもいくつかおススメしない箇所はありますが。。。

なので、
上腕三頭筋を軽くつまんで揺らすように骨から剥がすイメージで行う事をおススメします♪

 

まとめ

その後は各自トレーニングの流れで大丈夫です!

この時にトレーニングの種類も

・長頭

・内側頭

・外側頭

と分けられてトレーニング出来たらいいですね(^^)/

 

トレーニングのポイントとしても、小指・薬指に意識を持つと刺激が入りやすいですよ!

小指・薬指には尺骨神経と言う上腕三頭筋まで神経が流れているので、日常生活で小指・薬指を意識して使うだけでも引き締める事が出来ます!

 

是非、明日から試してみて下さい(^^)/

 

 

LINE友だちになろう!

 

毎週月曜配信!

LINEで勉強したい方はお友だちになってくださいね♪

・ノウハウ

・オススメ情報

・抜き打ちテスト

などを毎週月曜日にお送りします!

登録はこちら!

友だち追加

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です