トレーニングの効果を最大限に得る方法とは!?!?

こんにちは! アスレティックトレーナーやパーソナルトレーナーを目指している学生・若手トレーナーの勉強ツールとして

情報配信をしております山本 竜也です。

 

【トレーニング】

皆さん1度はやったことありますよね?

今回は様々なトレーニングがある中で

トレーニング後に必ず必要な【ケア】について

お伝えしていこうと思います。

 

自分が思っている以上に体の疲労が抜けていない!?

トレーニングのメニューの組み方はたくさんありますし、進め方などもあります。

ましてや技術練習もしなければいけない状況の中でトレーニングを行わなければいけないので

疲労はどんどんたまっていく一方ですよね。。。

 

その中で一番大事なのが【超回復】ですよね!

筋肉は傷めつけてそれに適応しようとして強くなりますから、

【回復】させることがすごく大事なんです!

プロ選手も【その日の疲れはその日のうちに取る】と言う程大事にしている事なんです。

ストレッチやマッサージをしてもらったのに休み明けにイマイチ調子が出ない。

そんなことを選手に言われたり、ご自身で経験したことはありますか??

実はそれ、意外に疲労が抜けていなかったり筋疲労が残っているかもしれません。

自分が思っている以上に疲れが取れていないんです。。。

 

効果的なケア方法

身体の回復中はみなさん何を行っていますか?

・ストレッチ

・マッサージ

色々な方法で体をケアしていると思います。

今では様々なケア用品がたくさん出てきていますよね!

その中で大事にしてほしいことが、【順番】です。

整骨院などでの治療では、

1.マッサージ

2.ストレッチ

このように、マッサージを行った後にストレッチを行うところが多いんです!

この順番で行う事によってより効果が高まるんです!

 

なぜ効果が高まるのか??

先ずはマッサージとストレッチの違いを解説していきます!

マッサージとは

マッサージ(仏: massage)は、皮膚に求心的に施術することにより

主に静脈系血液循環の改善やリンパ循環の改善を目的にした手技療法である。

引用 Wikipedia より

ストレッチ

スポーツや医療の分野においてストレッチ(英: stretching)とは、

体のある筋肉を良好な状態にする目的でその筋肉を引っ張って伸ばすことをいう。

筋肉の柔軟性を高め関節可動域を広げるほか、呼吸を整えたり、

精神的な緊張を解いたりするという心身のコンディション作りにもつながるなど[1]、様々な効果がある

引用 Wikipedia より

このようにマッサージは血液循環やリンパの流れを促進する効果が得られます!

一方、ストレッチでは筋肉の柔軟性や可動域を広げると言った効果が得られます!

血液は温度が高いので循環良くなる事によって体温が上がりより筋肉が伸びやすくなるので、

この状態でストレッチを行う事によって筋肉より伸びてくれるんです!

だから、マッサージの後にストレッチを行うと効果が高まるんです!!

 

セルフマッサージ

最初はマッサージが大事だとお伝えしました!

そこでお勧めのセルフマッサージをご紹介いたします!

マッサージと言えば指で押したりさすったり圧をかけたりするイメージがあると思います。

セルフではなかなか難しいですよね。

そこでお勧めするのが『筋肉をつまんで揺らす』です!

筋肉を骨から剥がすようにつまみ揺らすことによって、

どんどん骨から筋肉が剥がれていくので非常に柔らかくなります!

 

つまむときは、

・親指

・人差し指と中指

の組み合わせで【一定圧】でつまみましょう!

その状態で行うと自分でも楽にできるのでお勧めです!

 

セルフストレッチ

セルフストレッチもパートナーストレッチでもポイントを抑えることによって

得られる効果が全然違うんです!

ストレッチで意識して欲しい事は、

【起始・停止を離す】です!

これを意識するのとしないのでは大きく変わってきます!

なのでここのポイントは覚えておくようにしましょう!

 

まとめ

トレーニングを行う上で一番大事なことは、

【トレーニングをやった後】です。

自分が思っている以上に筋疲労は抜けていなかったり硬くなっているので

ここでいかに体を回復させることが出来るかが大事になってきます。

回復しきっていない、またその状態でトレーニングを継続してしまうと

怪我の元にもなりますしトレーニングの効果が最大限に得られなくなってしまいます。

最大限に効果を得るためには身体をケアする時に、

1.マッサージ

2.ストレッチ

の順番で行う。

 

セルフマッサージでは、

【筋肉を骨から剥がすようにつまんで、一定圧をかけてゆ揺らす】

ストレッチでは、

【起始・停止を離す】

の2つを行う事で回復が早くなり体の良い状態になりやすくなります!

早速今日から実践しましょう!!

 

LINE友だちになろう!

毎週月曜配信!

LINEで勉強したい方はお友だちになってくださいね♪

・ノウハウ

・オススメ情報

・抜き打ちテスト

などを毎週月曜日にお送りします!

登録はこちら!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です