【栄養学】炭水化物について詳しく解説

パーソナルトレーナーを目指している学生・若手トレーナーの勉強ツールとして 情報配信をしております田草川です。

今回は炭水化物について詳しくお伝えします!

 

炭水化物とは

★生きるために必要不可欠な栄養素

炭水化物は1グラム4キロカロリーのエネルギーがあります。

炭水化物は別名【糖】とも呼びます。

その糖は2種類に分かれます↓

◇単糖類

◇多糖類

の2種類に分かれます!

今回は単糖類と多糖類をお伝えします。

単糖類

★糖質として分解できない物質

分解ができないので体の中で小さくしなければいけません。

体の中で2つ種類に分解します。

◇ブドウ糖(グルコース)

脳に大事なエネルギー源

  • 糖の中でも最も多く体内に取り入れられています。
  • 血液中には血糖としてエネルギー源になります。

◇果糖(フルクトース)

糖のなかでも最も甘い

  • はちみつや果物に含まれています。
  • 水に溶けやすい糖です。

多糖類

★数個以上の炭水化物(糖)と別の栄養素が結びつく

多糖類は消化される物と消化されない物があります。

消化されるものを「消化性多糖類」

消化されない物を「難消化性多糖」といいます。

今回は消化される消化性多糖類をお伝えします。

◇デンプン

炭水化物と多数の糖が結びついた分子

  • 二酸化炭素・水・太陽光によって作られています。
  • デンプンは多数のブドウ糖が結びついており、生活のエネルギー源として活用しています。

◇グリコーゲン

筋肉やその他のエネルギー源

グリコーゲン=糖原

糖原=ブドウ糖が多く集まったもの

グリコーゲンは、「肝臓」「筋肉」に多く含まれており、

食べたものが肝臓に行き、一時的にグリコーゲンとして貯められます。

このグリコーゲンがさらに分解され、筋肉にエネルギー源として働きます。

まとめ

炭水化物は、、、

★生きる為に必要不可欠な栄養素

2つの種類の糖に分かれます!

◇単糖類

  • 糖質として分解ができないので体内で2種類の糖に分解されます。

◇多糖類

  • 炭水化物と多数の糖が結びついた分子
  • 体が必要としてる2種類の糖

日頃からごはんを食べていないと筋肉が増えにくくなります!

なので、バランスのいい食事をしましょう!

 

オススメ情報!

◆『姿勢評価シート』プレゼント中!

30箇所以上の姿勢評価するポイントを記した

『姿勢評価シート』無料プレゼント中!!!

LINE登録して無料プレゼントを受け取ろう!!

⇒ LINE友達になる

ID検索は「sjg4507g

◆無料勉強動画公開中!!!

⇒0円で動画勉強をする

◆次回のトレーナー勉強会情報を掲載中!

⇒最新の勉強会情報を確認する

◆パーソナルトレーナーの勉強ができる!会員制勉強サロンはこちら↓

⇒ トレーナーの勉強サロン詳細を見る

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です