毎月トレーナー勉強会開催中!詳細はこちら

スクワットが苦手な人ほどつま先より膝を出すとスクワットが上手くなる!!

こんにちは! アスレティックトレーナーやパーソナルトレーナーを目指している学生・若手トレーナーの勉強ツールとして

情報配信をしておりますやまたつです。

 

スクワットの指導の時、

『膝をつま先より出さないようにやりましょう』

と指導したことはありますか?

ほとんどの方がしているのではないでしょうか?

僕も最初はしていました。

スクワットはBIG3の中でもっとも難しい種目だと自分は思います。

でもそのスクワットで『膝をつま先より出さない』

と言う指導をしていてもスクワットを上手くできません。

そんなスクワットの効果的なやり方や、

膝をつま先より出すor出さない

の理由などを今回はお伝えしようと思います!

 

膝の『出過ぎ』に注意しましょう!

膝をつま先より出さないと言うのはかなり難しいです。

実際にやってみると分かると思いますが、

出さないようにやろうとすると

【へっぴり腰】みたいになってしまいます。

そこから【後ろの椅子に腰かけるように

と指導してしまうと更に【へっぴり腰】になってしまいます。

これは実際にそう指導した方や足首が硬い人は

わかると思います。

なので、

【膝をつま先より出さない】ではなく

【膝の出過ぎには気を付ける】と言うのが

いいと思います!

自分も指導してきて膝をつま先より出さないよう

気を付けている人にはそう指導していて、

自分のクライアントさんは

そのやり方でスクワットが上手にできるようなっています!

 

意識の『し過ぎ』が弊害になっている

私たちトレーナーが実際にアドバイスをすると

クライアントさんはそのアドバイスを

ものすごく【意識】します。

意識するのはいいことなのですが、

意識の【し過ぎ】はよくないんです。

なので、意識しなくても自然とそうなるように

してあげるのも1つの手段だと思います!

 

スクワットの動作で言うと

足関節が硬い事によって足関節の背屈動作が行われないので

かかとが浮いてしまう。

【かかとを浮かないように】とアドバイスすると

【へっぴり腰】のようになってしまう。

また、膝をつま先より出さないとアドバイスをすれば

それを意識し過ぎて【へっぴり腰】になってしまう。

なのでアドバイスの【し過ぎ】には気を付けましょう!

 

重心の位置で劇的に変わる!!

スクワットは足裏の重心の位置で劇的によくなります!

スクワットをやると【もも前】ばかりに

来てしまうことが多いのではないでしょうか?

それはなぜか?

ズバリ、、、

重心の位置です!

 

スクワットは重心の位置が

全てと言っても過言ではありません。

そしてその重心の位置は

内くるぶしと外くるぶしのライン上にあると

安定感が増し、膝がつま先より出過ぎる事がなくなります!

実際に母趾球辺りに重心を置いてスクワットをやるのと

かかと辺りに重心を置いてスクワットをやるのでは

効いてくる部位が変わると思います!

実際に試してみてくださいね!

 

まとめ

スクワットの膝をつま先より出さない

と言う指導をするとそれを意識しすぎてしまって

上手くスクワットができなくなってしまいます。

 

なので、無意識になるべく膝を出さないようにするため

・内くるぶしと外くるぶし上に重心を置く

 

そうすると、

【膝が出過ぎないようになる】

【フォームが安定】

するようになるので是非実践してみてください!

 

スクワット指導のお役にたてられれば幸いです!

 

 

LINE友だちになろう!

 

不定期配信!

LINEで勉強したい方はお友だちになってくださいね♪

・ノウハウ

・オススメ情報

・抜き打ちテスト

などを不定期でお送りします!

登録はこちら!

友だち追加

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です