【免疫学】病原菌から身体を守る自然免疫・獲得免疫の働きを知ろう!

 

体の不調は痛みや怪我だけではありません。

体内に侵入して来た病原菌から発症する感染症などから最悪死に至る場合の不調もあります。

とくに高齢者になると成人から比べたら免疫力はかなり低下をしています。

病原菌だけでなく季節の変わり目やよく風邪を引くなどもこの免疫機能が低下をしている事が原因です。

 

是非、体内から不調を改善出来る知識を身につけましょう!

 

そこで今回は2つの免疫細胞で働く【免疫応答機構】についてお伝えします!

 

病原菌などの異物を見つけて、排除する免疫システムを担っているのが白血球です。

中でも数多くの種類がありますが【防御】の働きを持つ機能が

・生まれつき持っている自然免疫

・生後に培われる獲得免疫

の2つに分かれて強力な防御体制を作っています。

 

自然免疫

生まれる気備わっているのが自然免疫。周囲に無数の漂う細菌に対して身を守る働きがあります。

獲得免疫とは異なり、迅速に外敵を細菌する能力に優れています!

細菌など比較的大きな外敵を免疫細胞内に取り込んで消化する働きを持ちます。

 

細菌は身の回りの限りなく存在していて、日常的に最も出会う敵です。

そこで自然免疫は記憶力を持たない細胞で、細菌の種類を問わずに素早く攻撃を行い対処します。

 

体内を徘徊して細菌やウイルス・異物が侵入しているかどうかをチェックする役割も自然免疫が行っています。

 

従って古い免疫システムとはいえ、病気になった時自分の力で元の状態に戻していく、自然治癒力の根幹となる重要なシステムになります!

 

獲得免疫

生後に培われるのが獲得免疫。1度侵入した細菌を2度侵入しないよう学習して強くなる働きがあります。

出生後に病原菌・細菌と接する経験を重ねる事で得られます。

 

獲得細胞は病原菌と出会う事で得られるため、常に新しく作り上げられる細胞です。

ここで中心になって働くのは進化した免疫細胞であるT細胞やB細胞などのリンパ球です。

 

獲得免疫の特徴として【特異性・記憶】があります。

 

例えば、はしか。子供時代に1度はしかにかかると、以後2度とかかりません。

これははしかを起こす病原体を覚えて、2度目に侵入したら即座に攻撃するため発病しにくくなる働きを持つからです!

 

自律神経をもとにコントロールしている

生まれつき排除の仕組みが備わっている自然免疫。

成長しながら排除の仕方を発展させていく獲得免疫。

 

これらは自律神経のもとコントロールされて役割を果たしています。

 

しっかり自律神経の内容も把握しておきましょう!

 

オススメ情報!

 

◆『姿勢評価シート』プレゼント中!

30箇所以上の姿勢評価するポイントを記した

『姿勢評価シート』無料プレゼント中!!!

 

LINE登録して無料プレゼントを受け取ろう!!

⇒ LINE友達になる

ID検索は「sjg4507g

 

◆無料勉強動画公開中!!!

⇒0円で動画勉強をする

 

◆次回のトレーナー勉強会情報を掲載中!

⇒最新の勉強会情報を確認する

 

◆パーソナルトレーナーの勉強ができる!会員制勉強サロンはこちら↓

⇒ トレーナーの勉強サロン詳細を見る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です