毎月トレーナー勉強会開催中!詳細はこちら

【解剖学】深層外旋六筋の起始停止・機能を覚えよう!

 

今回は、

【解剖学】深層外旋六筋

についてお伝えしていきます!

 

深層外旋六筋とは?

 

股関節の深部にあり、股関節の外旋に作用する筋肉の総称。

梨状筋(りじょうきん)・内閉鎖筋・外閉鎖筋・上双子筋(じょうそうしきん)

・下双子筋(かそうしきん)・大腿(だいたい)方形筋。

股関節の安定化にも寄与する。短回旋筋群。股関節深層外旋筋群。深層外旋六筋。

 

引用 コトバンク より

 

読んで字のごとく、

深層にある外旋機能を持った筋肉

を総称して深層外旋六筋と呼びます!

 

深層外旋六筋は6つに分かれる

深層外旋六筋は、

梨状筋

上双子筋

下双子筋

外閉鎖筋

内閉鎖筋

大腿方形筋

の6つを総称して深層外旋六筋と呼びます!

 

ここに関しては覚える量が多いですが、

しっかり覚えておきましょう!

 

梨状筋

起始:仙骨の前面

停止:大腿骨大転子尖骨

 

機能:股関節外旋

特徴:臀筋群に属する

大坐骨孔を貫通して骨盤の外に出る

 

上双子筋

起始:坐骨棘

停止:転子窩

 

機能:股関節の外旋

特徴:梨状筋、内閉鎖筋間に存在

 

下双子筋

起始:坐骨結節

停止:転子窩

 

機能:股関節外旋

特徴:内閉鎖筋を補助する小さな筋肉

 

内閉鎖筋

 

起始:閉鎖膜内面

停止:転子窩

 

機能:股関節外旋

特徴:股関節外旋筋の中で最も強力

 

外閉鎖筋

起始:閉鎖膜外面

停止:大転子の転子窩

 

機能:股関節外旋・内転

特徴:最も深層にある弱い筋肉

 

大腿方形筋

起始:坐骨結節

停止:大腿骨の転子間稜

 

機能:股関節の外旋

特徴:強力な外旋筋

 

まとめ

深層外旋六筋は6つあり、

梨状筋

上双子筋

下双子筋

内閉鎖筋

外閉鎖筋

大腿方形筋

を総称して深層外旋六筋と呼びます!

 

この中でも強い外旋筋は内閉鎖筋と大腿方形筋の2つです。

また外閉鎖筋に関しては、

外旋のほかに内転機能もあるので合わせて覚えておきましょう!

 

 

 

オススメ情報!

◆『姿勢評価シート』プレゼント中!

 

30箇所以上の姿勢評価するポイントを記した

『姿勢評価シート』無料プレゼント中!!!

 

LINE登録して無料プレゼントを受け取ろう!!

⇒ LINE友達になる

ID検索は「sjg4507g

◆無料勉強動画公開中!!!

⇒0円で動画勉強をする

 

◆次回のトレーナー勉強会情報を掲載中!

⇒最新の勉強会情報を確認する

 

◆パーソナルトレーナーの勉強ができる!会員制勉強サロンはこちら↓

⇒ トレーナーの勉強サロン詳細を見る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です