毎月トレーナー勉強会開催中!詳細はこちら

人体の最も動く関節が動かなくなると不調が起こりやすくなる!

こんにちは! アスレティックトレーナーやパーソナルトレーナーを目指している学生・若手トレーナーの勉強ツールとして

情報配信をしております山本竜也です。

 

 

人体で最も動きやすい関節は3つあります!

本来一番動かなければいけないところが動かなくなってしまうと

【不調】がでやすくなってしまいます。

動かないと言うことはそれに伴って他の所が【動いている】と言う事。

それではいつも以上に働いてしまう為それが原因で【痛み】や【不調】が出てしまいます。

そんな大事な【3大ROM】の重要性や可動域を出していくコツをご紹介していきます!!

 

3大ROMとは??

人体の3大ROMは、

・首

・肩

・股関節

の3つです!

他の関節よりもこの3つが特に動きますよね!

この3つが動かなくなってしまうと

・肩こり

・首コリ

・腰痛

・肩痛

・膝痛

など様々な不調が出てきます。

肩こり首コリが続いてしまうと頭痛や酷くなれば吐き気、

○○痛が続くと日常生活に支障が出たり日々が楽しくなくなりますよね??

だから【3大ROM】の動きはとても大事なんです!!

 

ほぐす、伸ばす、使うを繰り返す

行う事で可動域が非常に伸びていきます!

動きが悪いと言うことは、

筋肉が固まっていると言うこと。

なので先ずは筋肉を柔らかくしていきましょう!

 

首には沢山の神経が通っています。

ここが硬くなり機能しなくなると

あらゆる不調が出てきてしまうんですね。

・自律神経の乱れ

・全身緊張

・疲れが取れない

・冷え性

・不眠

などの不調が出てしまい悪い事三昧ですね。

先ほどもお伝えしましたが、

ほぐす、伸ばす、使う

を行っていくと可動域が上がっていきます!

ほぐす方法はこちら

 

過去に肩コリ改善の記事でご紹介された鎖骨を動かす改善方法。

これは首のほぐしにもなるんです!!

 

ほぐしたら伸ばしましょう!

座った状態で首を【前・後・左・右】に傾けて深呼吸していきましょう!

この時に『肩が一緒に上がらない』ように気を付けていきましょう!

 

肩の動きが悪くなれば首同様不調が出てきてしまいます。

・40~50肩

・肩こり

→酷くなると吐き気

を起こしてしまいます。

こちらもほぐす、伸ばす、使う

を繰り返し行っていきましょう!!

首同様に肩こり改善方法の鎖骨を動かす方法と

肩はプラスで肩甲骨も動かしていくと効果的です!

 

股関節

股関節が硬いとこれも不調の原因です。

・膝痛

・腰痛

・むくみ

などが起こってしまいます。

上記2つ(首・肩)同様、ほぐす、伸ばす、使うを行っていきましょう!!

股関節をほぐすのは難しいので、

道具(グリッド、ストレッチポール、テニスボール)などを使って股関節周りをほぐしていきましょう!

 

次は伸ばしていきましょう!

仰向けで寝た状態で、

股関節屈曲動作のストレッチがあると思います!

ただ、屈曲してしまうと大腿骨と骨盤(寛骨)

がぶつかってしまうので【つまり】が出てしまいます。

なので赤色のラインで屈曲していきましょう!

そうすることによってしっかり屈曲が行われるので

股関節が伸びていきます!

 

まとめ

人体で最も動く関節は、

・首

・肩

・股関節

の3つです!

可動域を上げるおすすめ方法は、

ほぐす、伸ばす、使うです。

これを繰り返すことによって動きが非常に出てきます!

 

ほぐすと伸ばすはご紹介し【使う】をご紹介していませんが、

・歩く

・ジョギング

がオススメです!

これを繰り返し行っていくことによって

大事な関節3つの動きが出てくるようになるので、

是非自分の身体でも試してみてください!!

 

 

LINE友だちになろう!

 

毎週月曜配信!

LINEで勉強したい方はお友だちになってくださいね♪

・ノウハウ

・オススメ情報

・抜き打ちテスト

などを毎週月曜日にお送りします!

登録はこちら!

友だち追加

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です