毎月トレーナー勉強会開催中!詳細はこちら

【免疫学】免疫細胞の中心核である【リンパ球】の働きとは?

こんにちは!
パーソナルトレーナーを目指している学生・若手トレーナーの勉強ツールとして情報配信をしております佐藤です。

 

菌やウイルスから身体を守るための役割である免疫。

免疫機能の中心的役割を果たしている「リンパ球」

リンパ球は体内でどのような働きをして私たちの身体を守ってくれているのでしょうか。

今回は【リンパ球】のついてお伝えしようと思います!

 

リンパ球とは?

リンパ球はとても小さな細胞ですが免疫機能を司る中心的な働きをしてます。

血管やリンパ管を通って全身を巡回して、体内に病原菌やウイルスが侵入して来た際に攻撃する働きがあります。

そのリンパ球も3つの種類があります。

 

①NK細胞

NKの略としてナチュラル・キラー

名前の通りで生まれつき敵を殺傷する働きを持った細胞です。

常に体内を巡回して、ウイルス感染した細胞や悪性化した細胞などを見つけたら、NK細胞単独で攻撃をします。

高い殺傷力が特徴で生まれながらに備わっている自然免疫において重要な役割を担っているリンパ球です。

②T細胞

骨髄から生まれたリンパ球でかなり優れた能力を持っている細胞です。

T細胞は2つの機能に分かれ活動をしています。

・ヘルパーT細胞

他の免疫細胞に命令を下す、司令塔の役目をしています。

ヘルパーT細胞が体内に異物を見つけるとB細胞やキラーT細胞が異物を除去するために攻撃を始めます。

・キラーT細胞

ヘルパーT細胞の指令に基づき機能する細胞です。

がん細胞やウイルスに感染してしまった細胞に酵素を出して破壊する働きがあります。

③B細胞

ヘルパーT細胞から指令を受け、

【抗体】を生成してウイルスを除去する働きがあります。

抗体とは、

例えば、体内にインフルエンザの菌が発生すると対インフルエンザだけの細胞を作り戦う分子です。

 

B細胞は細胞ごとに作り出すことのできる抗体の種類が決まっていて、

自分の抗体のタイプに合った病原体が出てきたときにのみ活性化して働きます。

 

まとめ

白血球は

に分かれますが、今回はリンパ球についてご紹介しました!

そのリンパ球はとても小さな細胞ですが免疫機能を司る中心的な働きがある。

 

リンパ球は3つに分かれ、

  • NK細胞
  • T細胞
  • B細胞

に分かれてそれぞれが働きあって免疫が生まれるのです!

 

 

オススメ情報!

 

◆無料勉強動画公開中!!!

⇒0円で動画勉強をする

 

◆LINE友達も同時に募集しております!

ご質問やご相談はLINEよりご連絡ください。

ブログでは書けないノウハウ/セミナー優先告知/など

LINEでしか話せない内容などを配信しております。↓

⇒ LINE友達になる

 

◆次回のトレーナー勉強会情報

5月17日 木曜日
5月25日 金曜日
6月3日 日曜日
6月21日 木曜日

19:30〜21:30 @横浜駅徒歩10分のスタジオ

⇒お申し込みはこちらから!

 

◆パーソナルトレーナーの勉強ができる!勉強サロンはこちら↓

⇒ トレーナーの勉強サロン詳細を見る

 

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です