鼠径部痛症候群の痛みに対するリハビリ方法を解説!

今回は【鼠径部痛症候群】についてお伝えします。

 

ランニングや起き上がり、キック動作などで股関節の動きに伴って腹部に力を入れた時に鼠径部(股関節の付け根周辺)に痛みが出る症状です。

とくにサッカー選手に多く発症して、1度発症すると治りにくいのが特徴です。

若くして鼠径部痛症候群を発症してしまい痛みを抱えながらプレーを続けては、股関節だけではなく体幹部・上肢まで影響を及ぼしてしまいます。

 

もちろんサッカー選手だけではありません。

股関節・骨盤周りを支える筋肉が年齢と共に機能低下を起こして、発症する場合も多いです。

 

今成長期である中・高校生を関われる環境があるトレーナーは今回の内容をしっかり学んで、改善・防止のために参考にしてください!

 

鼠径部痛症候群

別名:グロインペイン症候群とも呼びます。

サッカーなどスポーツを中心とした症状で鼠径部(股関節付け根周辺)に痛み等が出る症状です。

引用:ZAMST

 

鼠径部痛症候群の症状

  • 静止時の圧痛
  • 運動時に鼠径部・大腿部内側・腹部(下腹部)に疼痛
  • 股関節の詰まり、可動域制限

が生じます。

とくに動作として

  • 股関節伸展
  • 股関節外転

を行った際に誘発されやすいです。

 

鼠径部痛症候群の原因

発症原因として

  • 股関節の酷使
  • 筋力低下
  • 機能の偏り

が主な原因です。

 

サッカー選手に多く発症する原因として、利き脚でのシュート量が多くなり、片方の股関節側への負担が強くなり筋量に差が出てしまう事で筋力や可動域の差から痛みが発症しやすいです。

 

上記でも説明した通り、股関節伸展動作で痛みが出る場合が多いです。

シュートをする動作=股関節屈曲で起きる股関節への負担が、毎日の練習ではケア・回復が間に合ってないケースがほとんどです。

そのため、股関節屈曲で使う筋肉が拘縮・その結果で上体も前傾位になる事で体幹部(下腹部)にも痛みが生じます。

 

ラグビーやアメフトなどのタックル等で相手選手と接触した際のコンタクトから打撲をして発症するケースもあります。

 

鼠径部痛症候群の治療法

鼠径部痛症候群では基本、保存療法(手術を行わない)で回復を待ちます。

骨の歪みなどではなく、股関節の動きで使う筋肉の慢性的な炎症が主なので保存療法がメインです。

初期段階では2週間、スポーツ・運動を行わずに絶対安静です。

安静期間が過ぎても疼痛がひかない緩和しない場合は、病院側の判断で手術の可能性もあります。

 

トレーナーが行うリハビリ内容

安静期間で疼痛が無くなった場合にリハビリが行える段階になった時にトレーナーがすべき内容として、

優先して行うべき事は股関節に関与する筋肉を機能させる事です!

 

股関節の機能として

  • 屈曲・伸展
  • 内転・外転
  • 内旋・外旋

と可動範囲が大きく、その動きを支えるために付着してる筋肉の数も沢山あります。

 

そこで、まずは【股関節筋群全体のバランス】を整えましょう!

上記でお伝えしたように股関節は動作が多数・可動域が広範囲に動く事から筋肉の数も沢山あります。

そこで1つの筋肉が拘縮や機能低下を起こすと、股関節全体の動きに影響してしまいます。

 

股関節全体のバランスの評価として、画像の【股関節参考可動域】の数値を基準として考えて下さい。

引用:股関節の痛みの原因を治療で治す

 

各動作にて上記の参考可動域に達していないと、動作に関与する筋肉の拘縮・機能低下が考えられます。

まずはどの動作がやりにくいのか・関与している筋肉の状態を評価する事が必要です。

 

今回の鼠径部痛症候群では

  • 股関節屈曲筋群(腸腰筋・大腿直筋)の拘縮
  • 股関節伸展筋群(大殿筋・ハムストリングス)の筋力低下

が考えられます。

以前の記事でもお伝えしましたが、拘縮には硬くなっている筋肉に伸張性を出すためにストレッチ・機能低下には収縮性を出すためにエクササイズを行いましょう!

 

股関節屈曲筋のストレッチ

腸腰筋

大腿直筋

股関節伸展筋のエクササイズ

大殿筋、ハムストリングス 引用:健康のために運動

 

 

下記に記載してある動画を参考にしてもらえるとわかりますが、

股関節は【内旋・外旋】の動きを行うと股関節周辺のバランスが整いやすくなります。

 

やり方としては仰向けになり、調整する側の脚をやや外転・調整しない側の脚の骨盤を挙上(体幹を側屈させずに骨盤を頭方向に挙げる)します。

やや外転させる事で股関節のニュートラルポジション(負担が少なく動かせる位置)になるので、その状態をキープしたまま、膝と曲げて内旋・外旋を行いましょう。

 

 

まとめ

鼠径部痛症候群=股関節周辺に疼痛が出る症状

サッカー選手に多く発症

原因は股関節の酷使・筋肉の左右差(筋力・可動域・柔軟性)など

リハビリでは股関節全体の筋肉バランスに着目する

 

1度発症してしまうと、治りにくい症状です。

実習・現場で若い年代の選手を見ている人は是非、早期での改善に向けて参考にしてみて下さい!

 

オススメ情報

  • 毎月2回「トレーナー差別化勉強会」開催中!

画像をクリックで勉強会スケジュールをチェックできます!

 

プレゼント企画!

 

◆『姿勢評価シート』プレゼント中!

今日から即実践できる30箇所以上の姿勢評価するポイントを記した

『姿勢評価シート』無料プレゼント中!!!

 

LINE登録して無料プレゼントを受け取ろう!!

⇒ LINE友達になる

ID検索は「sjg4507g

 

 

 

◆パーソナルトレーナーの勉強ができる!会員制勉強サロンはこちら↓

「トレーナー差別化サロン」の詳細はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です