「パーソナルトレーナー = マッチョ」この思考おわりにしようぜ

 

パーソナルトレーナー業界あるある。

 

「パーソナルトレーナーはマッチョでなきゃいけない。」

「あのトレーナーはマッチョじゃないからだめだ。」

 

この考え、もう古いよ。

そしてこの考えが根強いている業界。謎すぎる。。。。

 

別にマッチョじゃなくてもいい。

パーソナルトレーナーはマッチョでなきゃいけない!

これって誰が決めた?お客様?

いや違うよね、我々トレーナーだよね。

 

つまり、

パーソナルトレーナーはマッチョである必要がある。

ってのは我々トレーナーのエゴなのさ。

 

トレーナーがマッチョである必要があるのは、

お客様がマッチョになりたいという願望を持っている時だけ!!

 

それ以外でマッチョである必要はない。

マッチョの価値が下がり始めた時代突入!!!

マッチョの価値はどうなのか?

以前だと「マッチョ=レア」だったけど、最近はマッチョが当たり前のようにいるからレア度が下がっている。

 

さらには、

twitter、Instagram、Facebook、YouTubeさまざま媒体でマッチョが出ているから

世間もマッチョに慣れてきた。

 

以前はベストボディなどの大会で優勝すると、

顧客が増えたり、取材などがあったが最近は減ってきている。

 

「マッチョ=YouTubeで人気のマッチョ」という認識が多いからこそ、

新しいマッチョさんは、何か策を打たなきゃだめだよね。

 

そもそもマッチョである必要性は?

トレーナーがマッチョである必要がある場合は?

お客様がマッチョになりたい時です。

自分の経験を活かした幅広い指導をすることができますよね。

 

逆に僕なんかはマッチョ歴がないので、教科書に書いてあることしか指導ができません。

だからそのような

「マッチョになりたい!」というお客様をターゲットにしている場合はマッチョでもいいでしょう。

 

マッチョのデメリット

見た目が暑苦しい。(すいません。)

何名かのお客様にアンケートした結果、一番多かった答えは、

  • 「マッチョには指導して欲しくない」
  • 「暑苦しい」
  • 「そこまで求めていない」
  • 「触られたくない」

などの声が多かったです。(まぁマッチョ具合によりますけどね)

マッチョが増えているって知ってた?

最近マッチョがすごい増えてます。

インスタにはマッチョしかいないw

素晴らしいこと。でもそのぶん競合が増えましたね。

 

ライザップをモデリングしたジムがどんどん出てきている。

数年前まではマッチョは貴重だったので

マッチョが集客に有利になっていたけど、最近は違う。

 

だから僕は数年前からはパーソナルトレーナーは誰も手を出していない

不調という分野に飛び込んだ。

 

不調=僕

みたいな認知度が増えてきている

 

その現実を理解したトレーナーはみんな今一緒にサロンで勉強をしている。

 

サロン生どんどん成果出しています。

下痢を改善したり、高血圧を改善したり、不眠を改善したりね。

一足先に行動したからだね!

そんなサロンはこちら

 

結論

ターゲットによって変えろ!!

だから、

パーソナルトレーナー = マッチョ

という概念を捨てるべき。

 

 

 

学べるおすすめ記事!

 

プレゼント企画!

 

◆『姿勢評価シート』プレゼント中!

今日から即実践できる30箇所以上の姿勢評価するポイントを記した

『姿勢評価シート』無料プレゼント中!!!

 

LINE登録して無料プレゼントを受け取ろう!!

⇒ LINE友達になる

ID検索は「sjg4507g

 

◆無料勉強動画公開中!!!

⇒0円で動画勉強をする

 

◆次回のトレーナー勉強会情報を掲載中!

⇒最新の勉強会情報を確認する

 

◆パーソナルトレーナーの勉強ができる!会員制勉強サロンはこちら↓

⇒ トレーナーの勉強サロン詳細を見る

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です