【免疫学】侵入者と戦う砦となる「リンパ節」とは?

こんにちは!
パーソナルトレーナーを目指している学生・若手トレーナーの勉強ツールとして 情報配信をしております佐藤です。

 

体の中にはリンパ節と言う免疫組織が存在します。

 

 

血管を流れる血液は心臓から拍出され全身を巡り心臓に戻ってきます。

しかし、血液の液体成分は常に血管内を流れているのではなく細胞に酸素と栄養素を届けるために毛細血管の動脈側で血管から流出します。そして、静脈側で血管に戻れなかった水分はリンパとなりこれを回収して血流に戻してくれるのがリンパ管です。

その要所にリンパ節が存在しています!

 

がん免疫.jpより引用

 

全身のリンパ管に要所に存在している

丸い形をしているリンパ節には、ぎっしりとリンパ球が詰まっています。

リンパ球の詳細はコチラhttps://personaltrainer-study.com/rinpaltutenani/

 

流れてきたリンパの中に異物が侵入していないかをチェックして、異物が侵入していた場合には攻撃して撃退する働きを持ちます!

リンパ節は病原菌が侵入して来た時の主戦場と言う事です。

 

即刻攻撃能力もある

リンパ節は異物を見つけたら即座に攻撃する働きもあります。

マクロファージと樹状細胞も存在して、異物を取り込んで処理を行ってリンパ球に伝えて攻撃を行います。

この場合、リンパ球のT細胞・B細胞が分裂や増殖して【リンパ濾胞】と呼ばれる組織が大きくなります。

※リンパ濾胞=B細胞が集団で存在する細胞。

これが感染症などでよく言われる『リンパが腫れる状態』です。

 

リンパ節の箇所

・頸部リンパ節

・右リンパ節

・腋下リンパ節

・胸管

・乳糜槽

・鼠径部リンパ節

のような全身要所に存在しています!

 

がん免疫.jpより引用

 

オススメ情報!

 

◆『姿勢評価シート』プレゼント中!

30箇所以上の姿勢評価するポイントを記した

『姿勢評価シート』無料プレゼント中!!!

 

LINE登録して無料プレゼントを受け取ろう!!

⇒ LINE友達になる

ID検索は「sjg4507g

 

◆無料勉強動画公開中!!!

⇒0円で動画勉強をする

 

◆次回のトレーナー勉強会情報を掲載中!

⇒最新の勉強会情報を確認する

 

◆パーソナルトレーナーの勉強ができる!会員制勉強サロンはこちら↓

⇒ トレーナーの勉強サロン詳細を見る

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です