パーソナルトレーナーのお悩み解決に役立つ勉強ブログ!

膝の内側に痛みが出る原因の【鵞足炎】に対するアプローチ方法!

2018/12/22
 
この記事を書いている人 - WRITER -
もと
神奈川・東京中心にパーソナルトレーナーとして活躍中。 人に教えるのが好きなんです。立派なイクメンになれるよう努力中。 旅行と食べることが大好きです♪一緒に美味しい食事をしながら夢を語り合いましょう!

今回は膝の内側に痛みが出る原因の【鵞足炎】についてお伝えします!

 

 

鵞足(がそく)ってなんだ?どこ?と、思った人も多いかと思います。

あんまり聞きなれた言葉ではないですよね。

 

鵞足炎の特徴としては膝の内側に痛みが出る症状で、

スポーツ障害の1つではありますが、年齢を重ねるに連れて日常生活でも発症しやすい症状です。

 

鵞足炎は

  • マラソン
  • サッカー
  • バスケットボール
  • ハンドボール
  • テニス

など、幅広いスポーツで発症しやすい症状です。

膝周辺に痛み・違和感を感じている選手・クライアントを指導しているトレーナーは是非参考にしてみてください!

 

鵞足とは?

 

  • 半腱様筋
  • 薄筋
  • 縫工筋

が、交わる所で脛骨の内側部分を鵞足(がそく)と言います。

 

引用:スポーツの柱

 

鵞足は膝関節の安定させる機能があります。

とくに膝が内側に入るステップ動作や横移動での切り返し・ブレーキ動作時に機能します。

バスケットボールやサッカーなどで使用局面が多いです。

 

膝の内側に痛みが出る鵞足炎のメカニズム

膝の機能である屈曲・伸展を行うと鵞足は前後に動きます。

その際、鵞足の下には関節の動きを良くしたり、衝撃を緩和させるためクッションの役割をしている

【鵞足滑液包】といわれる組織があります。

引用:古東整形外科・内科

上記伝えた鵞足を構成している筋肉の半腱様筋・薄筋・縫工筋がスポーツ動作等で1つでも過収縮による緊張で硬

くなっている状態になると、膝関節を動かした際に摩擦力が大きくなり鵞足滑液包へのストレスが大きくなる事か

ら炎症を起こしてしまいます。

この状態を鵞足炎と言います。

 

鵞足炎の原因

  • 膝関節の酷使(オーバーユース)
  • 長時間、硬い地面・コンクリートでの練習
  • クッション性・インソール機能の低い靴を使用している

などが考えられます。

1番は膝関節の酷使で、ジャンプ・切り返し・ストップ動作の多い競技での反復練習で膝へのストレスがかかって、炎症を起こしているケースが多いです。

 

トレーナーが行うべき対応

鵞足炎に対して行うべき対応として、半腱様筋・薄筋・縫工筋の緊張を改善する必要があります!

そこで3つの筋肉のストレッチを行いましょう。

 

半腱様筋のストレッチ

引用:資格のマナビバ

 

薄筋のストレッチ

引用:資格のマナビバ

 

縫工筋のストレッチ

引用:善用堂やまもと整骨院

 

まとめ

鵞足は半腱様筋・薄筋・縫工筋で構成

膝関節へのストレスが強くなると摩擦で鵞足滑液包が炎症してしまう(鵞足炎)

長時間の練習・練習環境・使用シューズに原因がある

 

膝関節の役割として、足関節と股関節の動きをサポートする働きがあります。

しかし、膝関節に支障が出てしまうと連動している足関節・股関節に大きく支障が出てしまいます。

練習環境を変えるという事はトレーナーの立場からでは難しい事ですが、練習の質を変える事は可能です。

練習の疲労をしっかりと軽減する事で連日の激しい練習の効果も高まるので、是非このアプローチ方法を参考にしてみて下さい!

 

オススメ情報

 

  • 毎月2回「トレーナー差別化勉強会」開催中!

画像をクリックで勉強会スケジュールをチェックできます!

 

プレゼント企画!

 

◆『姿勢評価シート』プレゼント中!

今日から即実践できる30箇所以上の姿勢評価するポイントを記した

『姿勢評価シート』無料プレゼント中!!!

 

LINE登録して無料プレゼントを受け取ろう!!

⇒ LINE友達になる

ID検索は「sjg4507g

 

◆パーソナルトレーナーの勉強ができる!会員制勉強サロンはこちら↓

この記事を書いている人 - WRITER -
もと
神奈川・東京中心にパーソナルトレーナーとして活躍中。 人に教えるのが好きなんです。立派なイクメンになれるよう努力中。 旅行と食べることが大好きです♪一緒に美味しい食事をしながら夢を語り合いましょう!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です