【解剖学】前脛骨筋・後脛骨筋の起始停止・機能を覚えよう!

今回は、

【解剖学】前脛骨筋・後脛骨筋の起始停止・機能を覚えよう!

です。

 


前脛骨筋と後脛骨筋は重要な役割を持っていて

理由は3つあります。

  1. アーチの維持
  2. 足首の安定
  3. 底屈背屈の機能

 

前脛骨筋と後脛骨筋が固くなったりしてしまうと

これら本来の機能が出来なくなってしまうので

1から3までを分解して詳しく説明していきます!

 

前脛骨筋

前脛骨筋は先程もお伝えした

  1. アーチの維持
  2. 足首の安定
  3. 背屈

の役割を担っています。

 

こうしてみると前脛骨筋が非常に

大事な役割をしているのは一目瞭然ですね!

 

足のアーチがなくなれば扁平足になってしまい、

足首が不安定になると捻挫がしやすくなり、

背屈出来なくなれば歩いてるときや

階段上ってるとき転けやすくなってしまいますよね。

 

僕が今まで見てきたお客さんの前脛骨筋は

固い方が多い印象でした。

固まってしまうとシンスプリントになりやすくもなってしまいます。

 

だからこそ柔軟性が必要な部分になるので

後程お伝えします!

先ずは起始停止・機能を見ていきましょう!

 

前脛骨筋の解剖

  • 起始:脛骨内側面、大腿骨間膜
  • 停止:内側楔状骨、第1中足骨
  • 機能:足関節背屈、内反、アーチの維持
  • 特徴:下腿で一番触診しやすい筋肉

 

 

後脛骨筋

後脛骨筋は冒頭でもお伝えした

  1. アーチの維持
  2. 足首の安定
  3. 底屈の機能

の役割を担っています。

 

前脛骨筋と基本的には同様です。

アーチの維持、足首の安定に関与していますし

後脛骨筋は背屈ではなく底屈の機能があります。

 

前脛骨筋同様、

後脛骨筋も固くなる方が多い印象です。

そして固くなるとシンスプリントになりやすい

状態になってしまうのです。

 

それを避けるための柔らかさが必須になる

だから【柔軟性】が必要になるんです。

 

なので起始停止機能を見ていきましょう!

 

後脛骨筋の解剖

  • 起始:下腿骨間膜、脛骨と腓骨の間
  • 停止:舟状骨、楔状骨、立方骨、第2-3中足骨
  • 機能:足関節底屈、内反
  • 特徴:下腿の中で一番深層にある筋肉

 

 

ストレッチ

ストレッチをすることによって

前脛骨筋と後脛骨筋が伸ばされ

怪我の予防や足首の動きが出やすくなります!

 

前脛骨筋のストレッチ

前脛骨筋はスネのラインに足首をまたいでついています。

また機能が背屈なので逆の動作である

底屈をするとストレッチが出来ます!

【足の甲を伸ばす】です!!

 

後脛骨筋のストレッチ

後脛骨筋は脛骨と腓骨の間にある筋肉です。

機能が底屈なので逆の動作である

背屈を行うとストレッチが可能です!

ただ、背屈したときに前脛骨筋に

力が入らないようにしましょう!

 

まとめ

 

前脛骨筋と後脛骨筋は重要な役割を持っていて

理由は3つあります。

  1. アーチの維持
  2. 足首の安定
  3. 底屈背屈の機能

 

前脛骨筋と後脛骨筋が固くなったりしてしまうと

これら本来の機能が出来なくなってしまいます。

 

下腿の中で最も触診しやすい筋肉と

最も深層にある筋肉の2つをしっかりと覚えておきましょう!

オススメ情報

 

毎月2回「トレーナー差別化勉強会」開催中!

→画像をクリックで勉強会スケジュールをチェックできます!

LINE登録で「足関節評価 完全マスター動画」プレゼント!

今日から即実践できる足関節の評価法をお伝えする3本の動画。

『足関節評価 完全マスター動画』無料プレゼント中!!!

LINE登録して無料プレゼントを受け取ろう!

プレゼントを受け取る!

ID検索は「sjg4507g

◆パーソナルトレーナーの勉強ができる!会員制勉強サロンはこちら↓

「トレーナー差別化サロン」の詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です