【解剖学】内転筋群の起始停止・機能を覚えよう!

こんにちは! パーソナルトレーナーを目指している学生・若手トレーナーの勉強ツールとして

情報配信をしておりますやまたつです。

 

 

今回は、

内転筋群の起始停止・機能

についてお伝えしていこうと思います!

 

内転筋群とは?

・大内転筋

・長内転筋

・短内転筋

・恥骨筋

・薄筋

を総称して【内転筋群】と呼びます!

5つあるので一緒に覚えるましょう!

 

内転筋群を解剖

5つの内転筋群の

・起始、停止

・働き

・特徴

をお伝えしていきます!

 

大内転筋

 

 

起始:恥骨下枝、坐骨枝、坐骨結節

停止:大腿骨粗線内側唇、内側上顆

 

働き:股関節内転、屈曲、伸展

 

特徴:内転筋の中で最も大きい筋肉

 

長内転筋

 

 

起始:恥骨結節の下方

停止:大腿骨の後面中央、内側唇中部1/3)

 

働き:股関節内転、屈曲

 

特徴:内転筋群の中で一番前に位置する筋肉、恥骨筋と並行している

 

短内転筋

 

 

起始:恥骨下枝の下部

停止:大腿骨粗線内側唇上部1/3

 

働き:股関節内転、屈曲、外旋

 

特徴:大内転筋上にかぶっている、恥骨筋と長内転筋に被われている

 

恥骨筋

 

 

起始:恥骨上枝

停止:大腿骨近位、恥骨筋線

 

働き:股関節内転、屈曲、外旋

 

特徴:大腰筋と長内転筋の間に位置する

   内転筋の中で一番上に位置する

 

薄筋

 

 

起始:恥骨結合の外側

停止:脛骨の内側面(鵞足を形成)

 

働き:股関節内転、膝関節屈曲、下腿内旋

 

特徴:二関節筋、大腿の一番内側を通る、恥骨筋の停止は鵞足に加わる

 

まとめ

内転筋群は全部で5つ存在し、

・大内転筋

・長内転筋

・短内転筋

・恥骨筋

・薄筋

全てを合わせて内転筋群と呼びます。

 

主に、股関節の内転・屈曲・外旋の働きがあります。

内転筋群の薄筋は鵞足を形成しています。

内転筋群の起始、停止、働き、特徴をしっかりと覚えておきましょう!

 

 

オススメ情報!

 

◆無料勉強動画公開中!!!

⇒0円で動画勉強をする

 

◆LINE友達も同時に募集しております!

ご質問やご相談はLINEよりご連絡ください。

ブログでは書けないノウハウ/セミナー優先告知/など

LINEでしか話せない内容などを配信しております。↓

⇒ LINE友達になる

 

◆次回のトレーナー勉強会情報

5月17日 木曜日
5月25日 金曜日
6月3日 日曜日
6月21日 木曜日

19:30〜21:30 @横浜駅徒歩10分のスタジオ

⇒お申し込みはこちらから!

 

◆パーソナルトレーナーの勉強ができる!勉強サロンはこちら↓

⇒ トレーナーの勉強サロン詳細を見る

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です