パーソナルトレーナーのお悩み解決に役立つ勉強ブログ!

【解剖学】~ハムストリングスの解剖~

2018/08/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
もと
神奈川・東京中心にパーソナルトレーナーとして活躍中。 人に教えるのが好きなんです。立派なイクメンになれるよう努力中。 旅行と食べることが大好きです♪一緒に美味しい食事をしながら夢を語り合いましょう!

 

今回は、

~ハムストリングスの解剖~について

お伝えしていきたいと思います!

 

ハムストリングスとは?

 

ハムストリング(hamstring)とは、人間の下肢後面を作る筋肉の総称。ハムストリングスとも呼ばれる。ハムストリングとは「もも肉のひも」という原意である。これはハムを作るときになどのもも肉をぶらさげるために、これらの筋の腱が使われたことに由来している。

引用 Wikipedia より

 

太もも裏の筋肉の

  • 大腿二頭筋
  • 半腱様筋
  • 半膜様筋

の三つの筋肉を総称して、【ハムストリングス】と呼ばれています!

 

大腿二頭筋に関しては

よく肉離れがしやすいところでもあります。。。

 

ハムストリングスの起始・停止

大腿二頭筋の起始・停止

【長頭起始】:坐骨結節

【短頭起始】:大腿骨の粗線外側唇下方1/2

【停止】:腓骨頭、下腿筋膜

 

大腿二頭筋。という名の通り、二頭筋になるので起始が2つになります。

 

 

半腱様筋の起始・停止

【起始】:坐骨結節

【停止】:頸骨粗面内側

 

 

半膜様筋の起始・停止

【起始】:坐骨結節

【停止】:頸骨内側顆の下方

 

 

三つの筋肉の働きとその違い

大腿二頭筋の機能

別名『外側ハムストリングス』とも呼ばれている。

  • 膝関節の屈曲
  • 股関節伸展
  • 膝屈曲時下腿外旋

 

半腱様筋の機能

  • 膝関節屈曲
  • 膝屈曲時下腿内旋
  • 股関節伸展

 

半膜様筋の機能

  • 膝関節屈曲
  • 膝屈曲時下腿内旋
  • 股関節伸展

 

半腱様筋・半膜様筋は併せて

『内側ハムストリングス』とも呼ばれる。

 

 

ハムストリングスの特徴

大腿二頭筋の特徴

  • 起始部が2つあり、停止部は一緒
  • 外側を通る。
  • 股関節安定制を保つ。

 

半腱様筋の特徴

  • 細長く下部は長い腱
  • 半膜様筋と併せ『内側ハムストリングス』

 

半膜様筋の特徴

  • 上部は広い腱膜
  • 中部は厚く扁平の筋腹
  • 半腱様筋に被われている

 

大腿二頭筋の股関節安定制を保つという働きはとても重要になるので覚えておきましょう!

 

まとめ

ハムストリングスは筋肉が三つで構成されている。

  • 大腿二頭筋
  • 半腱様筋
  • 半膜様筋

大腿二頭筋は外側に位置し、ほか2つは内側に位置しています。

 

それぞれの役割が違うのでしっかりと抑えておきましょう!

 

 

 

学べるおすすめ記事!

 

プレゼント企画!

 

◆『姿勢評価シート』プレゼント中!

今日から即実践できる30箇所以上の姿勢評価するポイントを記した

『姿勢評価シート』無料プレゼント中!!!

 

LINE登録して無料プレゼントを受け取ろう!!

⇒ LINE友達になる

ID検索は「sjg4507g

 

◆無料勉強動画公開中!!!

⇒0円で動画勉強をする

 

◆次回のトレーナー勉強会情報を掲載中!

⇒最新の勉強会情報を確認する

 

◆パーソナルトレーナーの勉強ができる!会員制勉強サロンはこちら↓

⇒ トレーナーの勉強サロン詳細を見る

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
もと
神奈川・東京中心にパーソナルトレーナーとして活躍中。 人に教えるのが好きなんです。立派なイクメンになれるよう努力中。 旅行と食べることが大好きです♪一緒に美味しい食事をしながら夢を語り合いましょう!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です