筋肉が硬くなると体に悪影響がある!?その改善方法とは?

こんにちは!

今回の記事では、

筋肉が硬くなると体に悪影響がある!?その改善方法とは?

筋肉が硬いと怪我をすると聞いたことはありませんか?

筋肉が硬いと怪我をしやすい体になってしまいます。

今回は、怪我をしない体になるためにストレッチ方法

をお伝えしていこうと思います。

筋肉が硬くなる原因は?

なぜ筋肉は硬くなってしまうのでしょうか?

間違った生活や運動方法による原因を紹介していきます。

ストレスや緊張

大事なプレゼン発表のときに緊張をしたり、

上司に怒られてストレスが溜まってしまったりすると、
人は無意識に体に力が入り筋肉がガチガチになってしまいます。

こんな生活を毎日のように送っていれば筋肉が硬くなり、

怪我の原因や体の不調の原因になります。

運動後のケアをしない

運動後にケアをしないと筋肉が硬くなってしまいます。

運動やトレーニングで筋肉を使いそのままにしておくと、

疲れタ筋肉をほぐすことができず筋肉が硬くなってしまいます。

筋肉が硬くなるとパフォーマンスの低下、怪我の原因になってしまいます。

筋肉が硬くなるとどんなことが起きるか?

筋肉が硬くなるとどんなことがあるでしょうか。

「怪我をしてしまう」ってよく聞いたことはありませんか?

怪我をしやすい体になってしまいます。

怪我以外にも筋肉が硬くなるデメリットをお伝えします。

怪我をしやすくなる

硬くなった筋肉を無理に動かそうとして
スポーツなどをやってるところを想像してみてください。

硬くなって縮んだ筋肉を一気に伸ばそうとするので

筋肉が怪我をしてしまいます。

疲れがとれにくくなる

筋肉が硬くなると血行が悪くなり、疲れが取りにくくなります。

筋肉が硬いと、疲労を回復する栄養素や酸素が全身に十分にいかず

疲れが取れにくくなってしまいます。

筋肉が硬くなると体には悪影響になってしまいます。

ストレスで筋肉が硬くなってしまうのか?

上記で簡単に説明したストレスで筋肉が硬くなってしまう
ことを詳しく解説をします。

ストレスを受けているとき体に「ギュー」と力が入っていませんか?

呼吸が浅くなってしまい無意識に体に力が入っています。

このような状態を長時間続けることによって体は硬くなってしまいます。

次に硬くなった筋肉を改善する方法をお伝えしていきます。

硬くなった筋肉を改善する方法とは?

硬くなった筋肉を改善する方法をお伝えします。

ストレッチ

長時間同じ態勢や疲労した筋肉をほぐすために有効なのがストレッチです。

ストレッチには、肉体的にほぐすだけではなく精神的にほぐす効果もあります。

より効果が増すストレッチが体が温まった状態でやるとより効果が増します。

運動後のケアを忘れずにストレッチを行っていきましょう!

深い呼吸をしよう

硬くなった筋肉をしっかりとほぐす方法は、深い呼吸をすることです。

深い呼吸をすることで自律神経が働き副交感神経が優位になります。

副交感神経を優位することにより体がリラックスできる状態になります。

まとめ

筋肉が硬くなる原因は、ストレスや緊張、運動後のケアをしていないのが原因です。

筋肉が硬くなるとどんなことが起きるでしょうか?

  • 怪我をしやすくなる
  • 疲れが取れにくく

なってしまいます。

硬くなった筋肉を改善するつのポイント!

  1. 運動後のストレッチを忘れないこと
  2. 寝る前に深呼吸をしてリラックスできる体を作ること

が大切になってきます。

運動後のケアを忘れずに怪我をしない体を作りましょう!

オススメ情報

  • 毎月2回「トレーナー差別化勉強会」開催中!

画像をクリックで勉強会スケジュールをチェックできます!

 

プレゼント企画!

 

◆『姿勢評価シート』プレゼント中!

今日から即実践できる30箇所以上の姿勢評価するポイントを記した

『姿勢評価シート』無料プレゼント中!!!

 

LINE登録して無料プレゼントを受け取ろう!!

⇒ LINE友達になる

ID検索は「sjg4507g

 

 

 

◆パーソナルトレーナーの勉強ができる!会員制勉強サロンはこちら↓

「トレーナー差別化サロン」の詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です