毎月トレーナー勉強会開催中!詳細はこちら

膝の外側に痛みが発症する【腸脛靭帯炎】に対するアプローチ方法!

今回はスポーツ選手に多い膝の外側に痛みが出る【腸脛靭帯炎】についてご説明します!

 

主にスポーツを行う事で慢性的な膝関節の障害で、別名:ランナー膝とも呼ばれています。

運動中・運動後に膝関節の外側に痛みが出ている場合は腸脛靭帯炎の疑いがあります。

 

名前の通り、大腿部の側面にある腸脛靭帯が炎症を起こして、脛骨の外側に付着しているので膝の外側に痛みが発症します。

反復してジャンプ動作を行うバレーボール・バスケットボール、走り込む陸上選手などに多く発症します。

 

腸脛靭帯炎の症状

症状として膝関節外側に痛みを発症します。

膝関節の酷使・ジャンプ動作や走行動作での膝関節屈曲、伸展での負荷が重なり、大腿部外側・膝関節外側が炎症を起こしている状態です。

腸脛靭帯は大腿筋膜張筋と繋がっていて、股関節屈曲・内旋・外転動作を多用するスポーツ選手に多く発症します。

 引用:森ファミリー整骨院

基本は動作中・動作後に痛みが発症するケースが主です。

ランニングをしはじめてから徐々に痛みが伴う・繰り返しジャンプを行っていると痛みが出て来ます。

 

腸脛靭帯炎の原因

原因としては膝関節への過剰な負担です。

 

負担のかかり方にも

  • スポーツで膝関節の酷使
  • 準備運動不足

が考えられます。

 

とくに膝関節の酷使では、長時間トレーニングでの筋疲労・それに対するリカバリーが間に合っていない事なども考えられます。

ジャンプ動作での急激な膝関節の伸展・着地での膝関節屈曲・ストップ動作での膝関節への負担などが反復練習などで蓄積を起こして筋肉の機能が低下して炎症を起こしてしまいます。

 

腸脛靭帯炎に対する治療法・トレーナーがすべき事

腸脛靭帯が炎症を起こしている原因に多いのが、大腿筋膜張筋外側広筋の過収縮です。

大腿部外側の筋肉が緊張している事によって、腸脛靭帯に負担がかかり炎症を起こしている場合があります。

 

トレーナーが行うべきアプローチとして大腿筋膜張筋と外側広筋のストレッチを行いましょう。

 

大腿筋膜張筋のストレッチ

引用:ONUMA姿勢改善メディカルトレーナー

 

外側広筋のストレッチ

引用:デイサービスきずな

 

まとめ

腸脛靭帯炎は動作中・動作後に痛みが発症する症状

原因は膝関節の酷使(筋疲労)

大腿部外側の過収縮・過緊張している場合が多い

 

とくに今の季節は寒いので筋肉が硬くなりやすいですし、オフシーズンなので練習量も多くなります。

膝関節に痛みを抱えている選手・クライアントがいたら、是非参考にしてみて下さい!

 

オススメ情報

  • 毎月2回「トレーナー差別化勉強会」開催中!

画像をクリックで勉強会スケジュールをチェックできます!

 

プレゼント企画!

 

◆『姿勢評価シート』プレゼント中!

今日から即実践できる30箇所以上の姿勢評価するポイントを記した

『姿勢評価シート』無料プレゼント中!!!

 

LINE登録して無料プレゼントを受け取ろう!!

⇒ LINE友達になる

ID検索は「sjg4507g

 

◆パーソナルトレーナーの勉強ができる!会員制勉強サロンはこちら↓

「トレーナー差別化サロン」の詳細はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です