パーソナルトレーナーのお悩み解決に役立つ勉強ブログ!

スポーツで急な衝撃で起こる【外傷性股関節脱臼】を解説!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
もと
神奈川・東京中心にパーソナルトレーナーとして活躍中。 人に教えるのが好きなんです。立派なイクメンになれるよう努力中。 旅行と食べることが大好きです♪一緒に美味しい食事をしながら夢を語り合いましょう!

今回は【外傷性股関節脱臼】についてお伝えします!

股関節脱臼は、大腿骨の球状頭部(大腿骨頭)が寛骨にはまっている部分(寛骨臼)から外れてしまう症状です。

股関節脱臼に2種類あり、

  • 外傷性股関節脱臼
  • 先天性股関節脱臼

があります。

股関節脱臼のほとんどは外傷性でスポーツ時の衝突での外力・ジャンプ動作で着地した際の衝撃などで発症しやすいです。

また、高齢者などは転倒時で急激に下半身へ力を入れた際に発症しやすいです。

股関節脱臼は発症してから、早期で対応を行うわないと膝関節や足関節・また血液供給が出来なくなった場合には骨懐死(骨が死ぬ)の可能性があり、人口股関節になってしまう事もあります。

まずは股関節脱臼の状態を理解しましょう!

外傷性股関節脱臼

股関節脱臼とは、大腿骨頭が寛骨臼から外れてしまう症状です。

引用:めぐり整体所

脱臼する方向にも前方・後方の2種類あります。

基本的には95%の割合で後方脱臼で、膝関節屈曲・股関節屈曲位状態での大腿骨が前方からの外力で後方に押された時に関節包を大腿骨頭を突き破り発症しやすいです。

外傷性股関節脱臼の症状

症状として

  • 激しい痛み
  • 股関節周囲の腫脹
  • 皮下出血

が起こります。

外傷性股関節脱臼の原因

原因としては、主にスポーツ時での衝撃が多いです。

コンタクトスポーツでの対衝突での衝撃・ジャンプ動作で着地した際での衝撃などで多く発症します。

また高齢者で日常生活時に転倒した際、急激に下半身へ負荷がかかり脱臼するケースも多いです。

外傷性股関節脱臼の治療法

基本的には医師による徒手整復療法(手術なし)です。

入院後、全身麻酔を行い適切な角度から大腿骨頭を寛骨臼にはめ込みます。

鎮痛薬などの投与を行う場合もありますが、早期での対応を行わないと脱臼癖がついたり上手く整復する事が出来ない可能性が高くなるので徒手整復が主です。

また、脱臼時に大腿骨頭などの骨折を伴う場合には手術が必要になります。

金属のネジやボルトで固定をして自然治癒をしてから寛骨臼にはめ込む場合もあります。

年齢的に治癒が望めない場合には人工股関節が使用されます。

外傷性股関節脱臼に伴った合併症

大腿骨頭が寛骨臼から外れただけであれば、基本は整復療法で自然治癒が望めます。

しかし、大腿骨頭の損傷や寛骨臼の損傷がある場合は寛骨への負担が大きくなり坐骨神経損傷。

24時間以内に整復しない場合には大腿骨頭の懐死のリスクが高率になります。

懐死の範囲が広い場合には手術が必要となり、最悪の場合は人口股関節になるケースもあります。

まとめ

外傷性股関節脱臼は95%が後方脱臼

原因はスポーツ時に大腿骨への強い衝撃

早期対応を行えない場合は神経損傷骨懐死などの合併症を発症しやすい

脱臼は球関節構成である股関節・肩関節で起こりやすく、1度起こすと起こすと反復したり癖になったりする事が多いです。

指導する相手の既往歴を聞いた際に過去で脱臼を経験している人である場合、知識があるとないとで大違いです。

しっかりと適切な対応が出来るように覚えましょう!

オススメ情報

  • 毎月2回「トレーナー差別化勉強会」開催中!

画像をクリックで勉強会スケジュールをチェックできます!

プレゼント企画!

◆『姿勢評価シート』プレゼント中!

今日から即実践できる30箇所以上の姿勢評価するポイントを記した

『姿勢評価シート』無料プレゼント中!!!

LINE登録して無料プレゼントを受け取ろう!!

LINE友達になる

ID検索は「sjg4507g

◆パーソナルトレーナーの勉強ができる!会員制勉強サロンはこちら

「トレーナー差別化サロン」の詳細はこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
もと
神奈川・東京中心にパーソナルトレーナーとして活躍中。 人に教えるのが好きなんです。立派なイクメンになれるよう努力中。 旅行と食べることが大好きです♪一緒に美味しい食事をしながら夢を語り合いましょう!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です