五十肩の症状と痛みを改善するストレッチ方法!

中高年の多くが悩まされている肩痛、いわゆる【五十肩】

この症状で悩んでいる方は非常に多いと思います。とくに50歳を中心に、それ以降の年齢の人に多い症状です。

 

40歳以降~で

  • 肩が痛くて上がらない
  • 動かしても動かさなくても肩が痛い

などの発言をしているお客さんは肩関節周辺に関係している症状の五十肩の可能性があります。

 

トレーニングをしたいけど肩に痛みがある・日常生活で支障が出てしまう方に指導出来ません。

改善方法が何をすればいいかわからない・痛みがあるまま無理に指導をしてしまったという方もいるかと思います。

その状態でトレーニングを行っても悪化や怪我のリスクが高まってしまいます。

 

そこで今回は五十肩の症状・原因・改善のためのストレッチ方法をお伝えします!

 

五十肩の症状とは?

五十肩とはよく耳にするワードではありますが、理解出来ていますか?

まずは理解しましょう。

 

五十肩のが症状

肩関節の酷使で内部組織(インナーマッスル)の炎症が起きている状態です。

上腕骨・鎖骨・肩甲骨で構成されている肩関節ですが、一部の骨が歪んでいたり、付着している筋肉が硬結していて肩関節に負担かかっている原因が多くあります。

 

基本は片方だけに症状が現れます。

 

長期に渡って肩に痛みが出ている場合は腱板断裂の可能性があり、五十肩と判断がつかない場合もあります。

腱板断裂では腕を挙げる動作の途中で痛みが出ますが、五十肩ではこれ以上腕が挙がらないポジションに到達すると痛みが発生します。

 

五十肩の原因

実は五十肩の原因は医学界で解明されていません。

ですが、僕の指導経験から複数の事が原因として考えられます!

 

①姿勢不良

とくに多いのが姿勢の崩れからです。

好発年齢40~60歳というのも、年齢を重ねるに連れて筋肉の衰えから姿勢保持をする事が出来ず、猫背や骨盤後傾姿勢から肩関節に負担がかかる状態になってしまっている事です。

 

背中を丸めて猫背姿勢で腕を真上に挙げてみてください。

真上には挙がらず肩に痛みが出てしまいますよね。

この状態で日常生活を送る事で微量の負担でも長期に渡り慢性化してしまいます。

 

②運動障害

過去にスポーツ経験がある方であれば運動障害が原因とも考えられます。

肩を使うスポーツではもちろん、手や腕を過去に怪我をした事がある場合で古傷をかばって肩に負担がかかっている事も考えられます。

 

五十肩に対するストレッチ方法

とくに異常が起きている筋肉としてローテーターカフ(インナーマッスル)です。

肩関節の動きを安定させる機能がありますが、肩関節の酷使での硬結・老化での機能低下が考えられます。

ストレッチを行って肩関節を安定させる事で痛みの改善が期待出来ます。

関連記事のIDを正しく入力してください

 

棘下筋・小円筋

引用:肩のインナーマッスル(棘下筋・小円筋)のストレッチ、肩の内旋

 

棘上筋

引用:野球で痛めやすい筋肉(棘上筋)のストレッチ方法

 

肩甲下筋

引用:四十肩、五十肩を予防を予防する、肩甲挙筋のストレッチ

 

これらの動画のストレッチを参考にしてみて下さい!

 

まとめ

  • 五十肩とは肩関節内部組織(インナーマッスルなど)で炎症が起きている状態
  • 原因は姿勢不良・運動障害(過去のスポーツで怪我)が多い
  • 改善方法は肩関節を安定させるローテーターカフをストレッチして機能向上させる

 

日常生活でも支障が出てしまう五十肩をトレーニングで治す事は難しいです。

無視をしてトレーニングをする事が出来る症状ではないので、しっかり改善に向けてストレッチを行いながら適切な指導を行いましょう!

 

学べるおすすめ記事!

 

プレゼント企画!

 

◆『姿勢評価シート』プレゼント中!

今日から即実践できる30箇所以上の姿勢評価するポイントを記した

『姿勢評価シート』無料プレゼント中!!!

 

LINE登録して無料プレゼントを受け取ろう!!

⇒ LINE友達になる

ID検索は「sjg4507g

 

◆無料勉強動画公開中!!!

無料勉強動画を見る!

◆次回のトレーナー勉強会情報を掲載中!

最新の勉強会情報を確認する!

◆パーソナルトレーナーの勉強ができる!会員制勉強サロンはこちら↓

「トレーナー差別化サロン」の詳細はこちら

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です