【栄養学】筋肉を強くする為に必要な栄養素『アミノ酸』について解説します!

今回のブログでは、

【栄養学】筋肉を強くする為に必要な栄養素『アミノ酸』について解説します!

アミノ酸は、主に筋力向上で摂取することが多いですが、

他にもたくさんの効果があります。

  • 疲れている時
  • 集中力が低下している時
  • 免疫力が低下している時

こんな症状が起きた時にも『アミノ酸』は効果的です。

アミノ酸には2つのポイントがあります。

そのポイントを詳しく解説していきます!

青汁に含まれるアミノ酸から引用

アミノ酸とは?

役割:たんぱく質を構成する

私たちが、肉、魚などを食べると、

そのたんぱく質は、20種類のアミノ酸に分解されます。

20種類の内、『11種類』が体内で合成できるもの

残りの『9種類』が食事から摂取しなければいけません。

その2種類が、

  • 必須アミノ酸
  • 非必須アミノ酸

の2種類です。

では、2種類のアミノ酸について詳しく解説していきます!

 

必須アミノ酸

◇必ず食事から摂取しなければいけないアミノ酸

必須アミノ酸は、『9種類』のアミノ酸があります。

その9種類が、

  • バリン
  • イソロイシン
  • ロイシン
  • メチオニン
  • リジン(リシン)
  • フェニルアラリン
  • トリプト
  • スレオニン(トレオニン)
  • ヒスチジン

の9種類です。

9種類の中で代表的なアミノ酸が3つあります。

『バリン』 『ロイシン』 『イソロイシン』

この3種類を分岐鎖アミノ酸(BCAA)と言います。

分岐鎖アミノ酸(BCAA)のメリットとしては、

≪筋肉や骨を強くする為に必要な栄養素です≫

では、強くする為にはどの食材が良いのか『3つ』ご紹介します!

  1. 牛・豚レバー(バリン)
  2. 卵(イソロイシン、ロイシン)
  3. マグロ(バリン、イソロイシン)

が特にBCAAが多く含まれている食材です。

非必須アミノ酸

◇体内で合成することが可能なアミノ酸

非必須アミノ酸は、人間にとっては❝必要ではない❞ですが

『私たちの体の中で作られるアミノ酸』なのです。

体で作られるアミノ酸は、11種類あります。

  • アラニン
  • アルギニン
  • アスパラギン酸
  • グルタミン酸
  • プロリン
  • チロリン
  • グリシン
  • セリン
  • アスパラギン
  • グルタミン
  • システイン

が11種類の非必須アミノ酸です。

11種類の中で代表的な3つご紹介します。

『アスパラギン酸』 『グルタミン』 『グルタミン酸』

この3種類のメリットとしては、

≪非必須アミノ酸の中でも筋回復・筋力強化が最も最適です≫

この3種類が多く含まれている食材を『3つ』ご紹介します!

  1. アスパラガス(アスパラギン酸)
  2. 豚肉(グルタミン、グルタミン酸)
  3. 大豆(アスパラギン酸、グルタミン、グルタミン酸)

の3つが多く含まれています。

まとめ

アミノ酸とは?

【たんぱく質を構成する役割】をしています。

アミノ酸は、『20種類』に分解されます。

  • 食事から摂取しなければいけないものを
  • 必須アミノ酸(9種類)
  • 体内で合成できるものを
  • 非必須アミノ酸(11種類)

と言います。

この2種類のアミノ酸が

人間の骨・筋肉などを成長させてくれています!

 

オススメ情報!

◆『姿勢評価シート』プレゼント中!

30箇所以上の姿勢評価するポイントを記した

『姿勢評価シート』無料プレゼント中!!!

LINE登録して無料プレゼントを受け取ろう!!

⇒ LINE友達になる

ID検索は「sjg4507g

◆無料勉強動画公開中!!!

⇒0円で動画勉強をする

◆次回のトレーナー勉強会情報を掲載中!

⇒最新の勉強会情報を確認する

◆パーソナルトレーナーの勉強ができる!

会員制勉強サロンはこちら↓

⇒ トレーナーの勉強サロン詳細を見る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です