毎月トレーナー勉強会開催中!詳細はこちら

【栄養学】体が栄養を吸収する仕組みをわかりやすく解説してみた

こんにちは!

パーソナルトレーナーを目指している学生・若手トレーナーの勉強ツールとして

情報配信をしております田草川幸輝です。

 

 

私たちは日常の中で食事をし、体内に栄養が吸収され、

それが体の構成要素やエネルギーとなり、生きています。

人間には、食事を摂取してから吸収までのサイクルが存在します。

今回は

  • そのサイクルどのようなサイクルなのか?
  • どのように体が作られているのか?

などを細かく分けて人体と栄養の仕組みをお伝えします!

そもそも「栄養」とは?

私たち人間は、生きていくために必要な「栄養素」を吸収します!

吸収された栄養素は、生きていくために必要な肉体の一部になったり、エネルギーとなったりします。

そして不必要になった栄養素は体外に捨てられていきます。

 

この一連の流れである【消化→吸収→代謝→排泄】をくり返すことを「栄養」といいます!

Wikipediaなどでも調べてみると、

栄養とは生体が外界から物質を取り込むことや、とりこむことにより体の機能を維持したり高めたりすることである。

引用:Wikipedia

と記載されています。

つまり炭水化物や脂質が栄養ではなく、

体外から取り入れた食事などを体内に取り込む事を栄養というのです。

 

栄養と栄養素では意味が違う!?

「栄養」は体外から取り入れた食事などを体内に取り込む事。とお伝えしました。

では「栄養素」とは何を意味しているのでしょうか?

 

栄養のために摂取する物質を要素として指す言葉

引用:Wikipedia

つまり「栄養」という体外から体内に食事が取り込まれる際に、吸収される物質のことを「栄養素」と表すのです。

 

栄養素には、

  • 糖質
  • 脂質
  • たんぱく質

の三大栄養素。

さらには

  • ビタミン
  • ミネラル

の2つを足した五大栄養素があります。

吸収した物はどこへ?

口から入った食べ物は、口→胃→小腸の消化活動によって吸収され、小さな栄養素に分解されます!

 引用:健康美を願う人のためのセルフメディケーション情報サイト

吸収にされる栄養素は肝臓に集められます。

吸収に必要のないものは便として排泄されます。

吸収される栄養素は酸素によって全身に送られます!

健康な体を作るには?

ヒトの体は1日1日新しく入れ替わっています!

新しく入れ替わるには、食べ物が重要となってきます!

食べ物が不足すれば、健康な体を作ることも・強い体も作ることができません!

なので食べた物で私たちの体を作ってくれるのです!

まとめ

ヒトは生きていく為に、「栄養素」を吸収し、体の中でエネルギーとして吸収されます!

栄養→消化・吸収・代謝・排泄を繰り返していることです!

栄養素→糖質・脂質・たんぱく質・ミネラル・ビタミンの五大栄養素です!

栄養素は、口→胃→消化された栄養素は小さな栄養素として吸収されます!

吸収されたものは1日1日新しく変わっている体に力を与えています!

皆さんも日々の食生活を意識して健康的な体を作りましょう(^^)/

 

 

オススメ情報!

 

◆無料勉強動画公開中!!!

⇒0円で動画勉強をする

 

◆LINE友達も同時に募集しております!

ご質問やご相談はLINEよりご連絡ください。

ブログでは書けないノウハウ/セミナー優先告知/など

LINEでしか話せない内容などを配信しております。↓

⇒ LINE友達になる

 

◆次回のトレーナー勉強会情報

5月17日 木曜日
5月25日 金曜日
6月3日 日曜日
6月21日 木曜日

19:30〜21:30 @横浜駅徒歩10分のスタジオ

⇒お申し込みはこちらから!

 

◆パーソナルトレーナーの勉強ができる!勉強サロンはこちら↓

⇒ トレーナーの勉強サロン詳細を見る

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です