毎月トレーナー勉強会開催中!詳細はこちら

【栄養学】熱中症予防に必要な『水』についてお伝えします!

今回は、

【栄養学】熱中症予防に必要な『水』についてお伝えします!

熱中症予防には、『水』が必要だと聞いたことはありませんか?

よく聞くと思います。

確かに『水』は必要ですが、飲んでいても熱中症になってしまう方が多くないですか?

なので今回は、

  • 暑い季節苦手
  • 体力ないから無理
  • 体がだるくなってしまう

という方に向けて、熱中症予防に必要な『水』について詳しくお伝えしていきます。

水の役割とは?

熱中症予防に必要な『水』の役割って何だと思いますか?

皆さんが日常的に飲んでいる『水』は、

私達の体の健康維持・熱中症予防に必要不可欠なものとなります。

熱中症予防に1つ重要なものがあります。

【体液】

この【体液】の役割としては、

  • 食べた栄養を必要な所に運んでくれる
  • 体温調節(必要な時に汗を出して体温を一定に保っています)

などの役割があります。

また、【体液】が少なくなると、

  • 血液循環が悪くなる
  • 全身に酸素が回りにくくなる
  • 風邪を引きやすくなる

などが起きてしまいます。

【体液】を常に作るには、『水』を飲まなければ

新しく新しく【体液】が作られません。

なので熱中症予防には『水』を飲みましょう!

人にとって必要な『水』の量を理解しよう!

私達の体はどれくらいの量で体が作られてると思いますか?

胎児~大人で『水』の量が全く違ってきてしまいます。

  • 胎児→体重の90%
  • 新生児→75%
  • 子供→70%
  • 成人→65~60%

が人が必要とする最低限の水分量です。

約3分の2以上が水分として体が作られていることは、

3分の1以下になってしまうと『熱中症』になりやすくなってしまいます。

なぜ成長すると共に水分量が減ってしまうのか?

胎児の頃は、脂肪、筋肉などが完全に出来上がっていない時期です。

大人になると筋肉・骨・脂肪などがしっかりと付いてきて、

必要になった栄養素(たんぱく質、脂質、ビタミン)が増えてきたので水分量も減ってしまいます。

決して、水分量が減ったからダメだというものではありませんが、

大人になると、他の栄養素を気にしてしまい『水』を忘れがちです。

暑い季節だと意外と『熱中症』になっているパターンが多いです。

なので熱中症予防するするのには『水』を忘れずに飲みましょう!

まとめ

皆さんが、日常的に飲んでいる『水』とは?

私達の体の健康維持・熱中症予防に必要不可欠なものとなります。

人は、『水』を飲むと変化を起こします。

【体液】

というものに変わります。

【体液】の役割は、

  • 必要になった栄養素を運んでくれる
  • 体温調節

などの役割があります。

なので一定の水分量を下回ってしまうと

【体液】の役割が果たせません。

その水分量とは?

  • 胎児→体重の90%
  • 新生児→75%
  • 子供→70%
  • 大人→65~60%

が最低でも必要な水分量となります。

これ以下になってしまうと

熱中症のなる恐れがあります。

なので、特に暑い季節は汗をたくさんかく季節なので

こまめな水分補給を心がけましょう!

 

学べるおすすめ記事

解剖学や栄養学などの基礎をわかりやすく解説!

 

プレゼント企画!

 

◆『姿勢評価シート』プレゼント中!

今日から即実践できる30箇所以上の姿勢評価するポイントを記した

『姿勢評価シート』無料プレゼント中!!!

 

LINE登録して無料プレゼントを受け取ろう!!

⇒ LINE友達になる

ID検索は「sjg4507g

 

◆無料勉強動画公開中!!!

⇒0円で動画勉強をする

 

◆次回のトレーナー勉強会情報を掲載中!

⇒最新の勉強会情報を確認する

 

◆パーソナルトレーナーの勉強ができる!会員制勉強サロンはこちら↓

⇒ トレーナーの勉強サロン詳細を見る

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です